K's MENU Note

シングルモルトに純米酒、そしてカクテル。

『ミリオン・ダラー』「100万ドル」なるカクテル。

消費税増税まで1週間を切った。

ここに来て、やたらと営業の電話がかかってくる。

やれ、新しいレジを買えだの、ナントカpayを導入しろだの…

うるさくてしょうがない。

予約の電話かも知れないので一応出るが、営業だとすぐに分かる。

そんな時はどうするか?

  1. バイトのふりをする。
  2. 電波が悪いテイを装い切る。
  3. 大体は面倒くさくて無言で切る。

そんなところか。

何か良い対処法があれば教えを乞いたいものだ。

 

さて、今回は「100万ドル」というネーミングのカクテル。

大正時代に横浜のホテルで誕生した、古くから人気のあるカクテルだ。

f:id:kimama2016:20190910151646j:plain

【スタンダードな処方】

  • Dry Gin     45ml
  • Sweet Vermouth     15ml
  • Pineapple Juice     15ml
  • Grenadine Syrup     1tsp
  • 卵白     1個分

十分にシェークしカクテルグラスに注ぐ。

パイナップルを飾る。

 

作ってみる。

卵白が入るので長めにシェーク。

滑らかな泡が表面を覆う。

f:id:kimama2016:20190910151716j:plain

パイナップルは置いていない。

本当はこんな風に飾る。

f:id:kimama2016:20190910151807j:plain

飲んでみる。

まったりした口当たりが重い。

Grenadine SyrupとVermouthの甘みが絡みついてくる。

ジューシーだが、やはり甘すぎ。

レモンを絞って甘みを切りたい。

 

表面の泡は滑らかな舌触り。

しかしその泡が、飲み終わった後に、グラスに残ってオシャレじゃない。

f:id:kimama2016:20190910151743j:plain

ひどい評価になってしまったが、私の作り方がヘタクソなだけかも知れない。

テイストとしては、食後のデザートカクテルである。

 

・・・・・

 

今日も営業電話がかかってくるか?

基本、聞く耳を持たないが、女性の営業さんだったら少しは話しを聞く。

 

年老いたらナントカ詐欺に気を付けないとね。

いや、私の場合、〇〇〇トラップの方が危険だ(汗)