K's MENU Note

シングルモルトに純米酒、そしてカクテル。ときどき料理。

『ミリオン・ダラー』「100万ドル」の名を持つカクテル。昔から人気の一杯だが…。

K’s MENU Note

『Million Dollar』

 

消費税増税まで1週間を切った。

ここに来て、やたらと営業の電話がかかってくる。

やれ、新しいレジを買えだの、ナントカpayを導入しろだの…、

うるさくてしょうがない。

予約の電話かも知れないので一応出るが、営業だとすぐに分かる。

そんな時はどうするか?

  1. バイトのふりをする。
  2. 電波が悪いテイを装い切る。
  3. 大体は面倒くさくて無言で切る。

そんなところか。

何か良い対処法があれば教えを乞いたいものだ。

 

さて、今回は「100万ドル」という名のカクテル。

大正時代に横浜のホテルで誕生したと言われる。

古くから人気のあるカクテルだ。

 

【スタンダードな処方】

十分にシェークして、カクテルグラスに注ぐ。

パイナップルを飾る。

 

作ってみる。

卵白を使っているので、長めにシェークする。

f:id:kimama2016:20190910151646j:plain

クリーミーな泡が表面を覆う。

f:id:kimama2016:20190910151716j:plain

パイナップルは置いていない。

本当はこんな風に飾る。

f:id:kimama2016:20190910151807j:plain

飲んでみる。

まったり、ねっとりした口当たりが重たい。

グレナデンベルモットの甘みが絡みついてくる。

ジューシーな印象もあるが、やっぱり甘すぎる。

レモンでも絞って甘みを切りたくなる。

 

表面の泡は滑らかでクリーミーな舌触り。

しかしその泡が、飲み終わった後に、グラスに残ってオシャレじゃない。

f:id:kimama2016:20190910151743j:plain

ひどい評価になってしまったが、私の作り方がヘタクソなだけかも知れない。

テイストとしては、食後のデザートカクテルである。

 

・・・・・

 

今日も営業電話がかかってくるのか?

基本、聞く耳を持たないが、若い女性の営業さんだったら少しは話しを聞く。

 

年とったら、ナントカ詐欺に気を付けないとナ。

いや、私の場合、〇〇〇トラップの方が危険だ(汗)

 

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

【包装不可】 ノイリー プラット スイート 16度 1000ml(1L)
価格:1272円(税込、送料別) (2019/10/27時点)