K's MENU Note

シングルモルトに純米酒、そしてカクテル。

『ラフロイグ セレクトカスク』ラフロイグの入門編か?

自分の第一印象を考えたことがあるだろうか?

私は悪いほうだ。 

良い人が羨ましい。

 

先日、耳にしたお客様の会話。

その女性は第一印象がとても良いらしい。

しかし「悪い方がいい」と言う。

「第一印象が悪ければ、後は上がって行くだけだ」と。

「逆だと下がる一方」とのこと。

 

なるほど、一理あるナ。

 

・・・・・

 

お酒も、第一印象が良いもの、悪いもの様々だ。

今回は初対面では嫌われるであろう、超個性的な一本。

ラフロイグ  セレクトカスク」を紹介する。

f:id:kimama2016:20191028152431j:plain

スコットランドアイラ島で造られるWhisky。

「薬品香」「歯医者」とも言われ、好き嫌いがハッキリ分かれる銘柄。

f:id:kimama2016:20191028152449j:plain

「10年」がスタンダードだったが、最近はこのノンヴィンテージが主流。

価格も10年に比べるとお安くなっている。

多彩な原酒をブレンドした後、オーク樽で後熟し造られる。

f:id:kimama2016:20191028152504j:plain

味わいを10年と飲み比べてみる。

f:id:kimama2016:20191028152536j:plain

香りは【S】の方が強い。

薬品香よりも、スモーキー香や焼けたゴム感が強い。

【10】はもう少しおとなしい香り。

繊細で、一筋縄では行かない複雑さを持っている。

 

口に含むと【S】の方が明らかに甘い。

テイストはラフロイグにしては穏やかで優しい。

【10】の方がImpactが強く、荒々しい。

アイラの海や自然を彷彿させる力強さがある。

 

こう見ると【S】はラフロイグの入門編として造られたのかも知れない。

香りも甘みも、若干だがとって付けたような作為的なものを感じる。

(個人的感想で、真偽は分からない)

f:id:kimama2016:20191028152552j:plain

・・・・・

第一印象が悪いのも捨てたもんじゃない。

後は上がるだけか…。

 

しかし、だ。

問題は、スタートで終わる可能性が高いという事。

だから良くなるもへったくれもない。

付き合ってすらもらえないのである。

 

一瞬「なるほど」と思ったが…。 

所詮は余裕の発言だ。

あるいはプチ自慢か。

 

【結論】第一印象は良いに越したことはない。

 

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

ラフロイグ セレクト カスク 700ml 40% 正規品 20191201
価格:3407円(税込、送料別) (2022/1/7時点)