K's MENU Note

シングルモルトに純米酒、そしてカクテル。ときどき料理。

『春霞 純米吟醸』奥羽山脈の麓で醸される、米の味わいを引き出すお酒。

K’s MENU Note

秋田『春霞 純米吟醸

 

最近、メガネを買った。

これで、今使えるメガネは3本になった。

気分や服装によって替える為だ。

 

…嘘だ。そんな訳はない。

 

目の調整機能が衰えてきたのだ。

遠く用と近く用の2本で賄って来たのだが、対応しきれなくなった。

致し方なく、中間のものを購入した。

主に仕事で使う。

手元が見えないと調理が出来ないので、遠近両用だ。

3本のメガネを場面に応じて使い分ける。

面倒だが、それしかない。

 

歳を重ねると、眼がかすむ。

強引なのは承知の上で…。

「春霞 純米吟醸 緑ラベル」

f:id:kimama2016:20190617182712j:plain

造るのは、秋田県の栗林酒造店さん。

奥羽山脈の麓に酒蔵を構えている。

このお酒は、秋田県独自の酒造好適米「美郷錦」で仕込まれている。

山田錦と美山錦を親に持つ、濃厚な旨みが特徴のお米だ。

 

精米歩合は50%。

熊本酵母で仕込んだ、火入れの純米吟醸酒

f:id:kimama2016:20190617182727j:plain

最初に舌に触れた時に感じる発泡感が爽やか。

酒質はジューシーで味の膨らみ、深みがある。

それでいて軽快。後味はスッキリ。

微かな辛み?苦み?が味を引き締める。 

料理とともに味わいたい一本だ。

f:id:kimama2016:20190617182758j:plain

・・・・・

前回のメガネは「J!NS」で作った。

今回は「眼鏡市場」で作った。

 

どちらがいいかは好みだ。

普通のレンズならJ!NSの方が安いし、ファッション性の高いフレームも多い。

ただ特殊なレンズになると、価格は大差なくなる。

J!NSは店舗もカジュアルな雰囲気で、やっぱり若者向けか。

 

一方の眼鏡市場

なんとなく安心感がある。

明るくて清潔感もある。

補聴器も取り扱っている。

そして平日の昼間からひどく混んでいてビックリした。

ただし大半が60歳以上。

こちらはどうやら年配向けか。

私もどちらかと言えば、眼鏡市場の方が落ち着く。

そういう歳だ。

 

なお当方、両メガネ店とは何の利害関係もない。

また、あくまで個人的な印象なので、そこはご理解頂きたい。

 

www.jins.com

www.meganeichiba.jp