K's MENU Note

シングルモルトに純米酒、そしてカクテル。ときどき料理。

『くじらのボトル』穏やかで優しい味わい。芋焼酎の「王道」を目指して造られた一本。

K’s MENU Note

芋焼酎『くじらのボトル』

  

ようやく過去記事の修正が終わった。

それなりに大変な作業だった。

だいたいやってて面白くない。

新しい記事を書いている時のテンションとまったく違う。

まさに「作業」である。

 

今回は、芋焼酎「くじらのボトル」。 

f:id:kimama2016:20191116000616j:plain

ちょっと前に日本酒「酔鯨」の記事を書いた。

f:id:kimama2016:20191116002258j:plain

そのラベルよりは、力強さを感じるクジラだ。

f:id:kimama2016:20191116000641j:plain

造るのは、鹿児島県鹿屋市にある「大海酒造」。

「海シリーズ」で知られる蔵。

本場鹿児島のスタンダードな芋焼酎の姿である「くじらのボトル」。

地元産の黄金千貫を使い、白麹、常圧蒸留で造られている。

f:id:kimama2016:20191116000659j:plain

テイスティング

ストレート。

フルーティーで上品な芋の香りが漂う。

スイーツのような甘やかな香りだ。

刺激が無く滑らかな舌触り。

スッキリ優しい味わい。

その中心にほんわりした芋の甘み。

アフターに鼻に抜ける香りが、芋の存在を主張する。

 

水やお湯で割ると…。

優しい味わいなので、テイストはややぼやける。

芋感が多少強まるが、それでも穏やかな味わい。

割るなら濃い目が良いだろう。

f:id:kimama2016:20191116000714j:plain

力強いくじらのイラストとは裏腹に、なんとも優しい焼酎である。

すべてを包み込むような雄大さも持ち合わせる。

飲んでいて、まるで母くじらに抱かれる子くじらのような気分になった。

癒されたい時にオススメだ。

 

・・・・・

 

さて、過去記事の修正を終えたブログはどこへ行く?

寄り添って 雪解けを泳ぐ くじらみたいに 気ままに行こう。

まだ誰も知らない このブログの果ては …

きっと 眩しすぎて見えない…?

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

25°くじらのボトル 1.8L
価格:2241円(税込、送料別) (2019/12/3時点)