K's MENU Note

シングルモルトに純米酒、そしてカクテル。

『中々』黒木本店のプレミアム麦焼酎。

12月になった。

週末から忘年会も始まる。

今年はどんな年末を迎えるのだろう。

しっかり準備をして、トラブルが起きないようにしたい。

 

ところで先日ポストを覗くと、ある郵便物に目が止まった。

f:id:kimama2016:20191120082154j:image

丸型のかわいい切手が貼ってある。

ほんわりとしたデザイン。

一瞬だが、こころが和む。

 

今回は紙ふうせんのように、ふわりとまるい味わいの麦焼酎を紹介する。

f:id:kimama2016:20191130011748j:plain

ラベルの文字にも温かみを感じる。

f:id:kimama2016:20191130011802j:plain

造るのは、宮崎県の黒木本店

「きろく」「百年の孤独」「爆弾ハナタレ」など、プレミアム焼酎を多く造る。

 

「中々」は黒木本店の代表的麦焼酎

九州産の二条大麦を使用。

昔ながらの「かめ」で酒母を造り、木桶で仕込んだ一本。

白麹、減圧蒸留。

f:id:kimama2016:20191130011819j:plain

優しい立ち香。

しっとり、かつスッキリした香りだ。

ストレートで口に含む。

刺激もクセも全く無い。

まろやかで柔らかい。

とろけるような口当たり。

微かに甘みを感じる。

 

加水してもお湯で割っても、その柔らかさは失われない。

まるで紙ふうせんのように角が無く、ふわりとまるい麦焼酎だ。

 

麦のテイストを全面に押し出す焼酎もあるが、通好みで初心者は手を出しづらい。

この中々はどんな飲み手でも受け入れる、器量の大きさを感じさせる。

f:id:kimama2016:20191130011833j:plain

・・・・・

人の手で造られたものには温かみがある。

それでいてどこか儚い。

そこがまたいい。

 

機械やコンピューターの発達で生活は便利になったが…

時に無機質な冷たさを感じることもある。

だからこそ手造りの良さが際立つのかも知れない。

 

料理も酒も、手造りがいい。

 

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

≪麦焼酎≫ 中々 1800ml なかなか
価格:2249円(税込、送料別) (2022/1/14時点)