K's MENU Note

シングルモルトに純米酒、そしてカクテル。

『ヒューガルデン ホワイト』爽やかなベルギービール。

正月の風物詩、箱根駅伝が終わった。

一年の計?「金杯」も終わった。

母校の東洋大学は(相澤君の激走はあったが)惨敗で、金杯も大ハズレ。

そして大発会では株価が暴落…。

なんとも前途の多難を予感させるスタートになった。

せめて本業は…。どうなる!?2020年…。

 

さて、今回はベルギービールを紹介する。

輸入ビールは滅多に取り扱わない。

値段が高くて売りづらい。

いわゆる「生中」で十分なのだ。

今回、比較的安価で買えたのでメニューに載せてみた。

おかげで在庫は膨らんだが…(汗)

f:id:kimama2016:20200105104709j:plain

f:id:kimama2016:20200105104734j:plain

ベルギーのヒューガルデン村を発祥とする白ビール

白ビールとは「小麦ビール」とも言われ、小麦の割合が多いビールのこと。

色が薄いので、歴史的に「白ビール」と呼ばれている。

 

大麦、小麦、ホップを使い、上面発酵で造られるエールビールだ。

コリアンダーオレンジピールで風味付けしている。

また、酵母を加えて瓶内で二次発酵させるのも特徴。

(細かい説明は長くなるので割愛する。)

f:id:kimama2016:20200105104808j:plain

専用のグラスに注ぐ。

(泡が消えてしまった…汗)

f:id:kimama2016:20200105105017j:plain

色は確かに薄い乳白色。

このグラスがやたら分厚くて重たい。

手の熱がビールに伝わりづらくする設計らしいが…。

ちょっと飲みづらい(苦笑)

f:id:kimama2016:20200105104826j:plain

スパイス香る独特の芳香。

苦味は薄い。味自体も淡泊。

エールにしては飲みやすい。

が、キレがなくコクもない。

ちょっと味気ないビール。

これが率直な第一印象だ。

 

しかし飲んでいるうちにおいしく感じてきた。

そもそも「ビール」と思って飲むからいけない。

「ビール」というと「スーパードライ」そして「生中」。

それらと比べると全く別の飲み物だ。

脳内で無意識のうちに比較して「何だ、これは。」ってことになる。

ヒューガルデンを飲んでいる」

そう意識して飲むと、これがなかなかおいしい。

ゴクゴクのむのではなく、ゆっくり味わって飲みたい一本だ。

f:id:kimama2016:20200105104858j:plain

・・・・・

新年早々悪いことが続いたが、「厄が落ちた」とも言える。

ならば結構。

ただ… 

「厄」は落ちても「役」は上げたい。 

 

麻雀ですか!?