K's MENU Note

シングルモルトに純米酒、そしてカクテル。ときどき料理。

『DAIYAME(だいやめ)』革新の蔵が造る、ライチのような香りの芋焼酎。

K’s MENU Note

芋焼酎『だいやめ』

 

2020年は変化の年になりそうだ。

体調を崩した。

お陰で、と言っては何だが、今一度、自分と向き合う機会を得た。

何が大事なのか?

どうすべきなのか?

そしていくつかの結論に達した。

まずは自身の働き方を見直したい。

 

今回は変化球?っぽい芋焼酎を。

「DAIYAME(だいやめ)」 

f:id:kimama2016:20200116093449j:plain

造るのは「赤兎馬」で有名な濱田酒造(株)。

同社グループの中で「革新の蔵」とされる「傳蔵院蔵」が造っている。

詳しくはHPで。

www.hamadasyuzou.co.jp

 

独自の熟成をした「香熟芋」で仕込んだ一本。

瑞々しい「ライチ」のような香りがする芋焼酎だそうだ。

確かに革新的と言えるが、イロモノ的な気配もある。

果たして…。

f:id:kimama2016:20200116093502j:plain

テイスティング

本当にライチのような香りが立つ。

口当たりはまろやかだが、さすがにライチの味はしない。

含み香はスイーツのような芋の香り。

雑味や刺激がなく、ひたすら丸く滑らか。

デザート感覚でストレートでもおいしく飲める。

 

水やお湯で割ると、ライチの香りはやや薄れる。

テイストはフルーティ系の芋焼酎に近づく。 

 

こんなPOPが付いていた。

f:id:kimama2016:20200116093516j:plain

炭酸で割ってみる。

ライチの香りをより強く感じる。

芋焼酎を飲んでるとは思えない。

まるでカクテルの「ライチソーダ」?

しかしそこまで甘くなく、スッキリ飲める。

まさに新感覚の芋焼酎だ。

ただし…飽きるのも早いかナ。

f:id:kimama2016:20200116093532j:plain

・・・・・

当面、休みを少し増やそうと思う。

週イチの定休日の他に、月に1~2回。

それを少しずつ増やしていって…。

いずれは週休2日酔いに…

じゃなくて、夢の週休2日制を実現したいのだ。 

 

ちなみに「だいやめ」は鹿児島の方言。

「晩酌して疲れを癒す」そんな意味らしい。