K's MENU Note

シングルモルトに純米酒、そしてカクテル。ときどき料理。

『久保田 紅寿』クリアで洗練された味わい。言わずと知れた新潟の銘酒。

K’s MENU Note

新潟『久保田 紅寿』

 

過日体調を崩したが、だいぶ回復してきた。

やはり無理はいけない。

歳を考えろ、ってことだ。

 

健康診断は毎年受けている。

何も引っかからない。

だからといって歳には勝てない。

思考の切り替えが必要である。

 

ちなみに健康診断の基準値は、以前より厳しくなっているらしい。

安全性を考慮してのことだろうと思ったが…

M氏曰く。

「〇〇病の薬が余ってるんだな。信用しない方がいいよ。」

えっ?まさかその薬を消費するために基準を厳しくしてる??

そんなことは無いと思うが…。

よくよく考えてみると…。

ありえなくもないか(汗)

 

いずれにせよ、いつまでも健康で旨い酒を飲みたいのだ。

 

今回は日本酒「久保田」を紹介する。

f:id:kimama2016:20191116001701j:plain

造るのは新潟県長岡市の朝日酒造(株)。

今回の一本は…

原料米は五百万石がメイン。

精米歩合55%。

日本酒度+2、酸度1.2。

純米吟醸規格のお酒である。

f:id:kimama2016:20191116001719j:plain

f:id:kimama2016:20191116001735j:plain

テイスティング

香りはあまり感じない。

丸みのある口当たり。

透明感のある酒質。

微かにマスカットを思わせる含み香が漂う。

全体的にスッキリ、クリア。

シャープでややドライな印象も。

 

新潟らしい、洗練された綺麗な酒である。

雪深い情景が脳裏に浮かぶ。 

f:id:kimama2016:20191116001749j:plain

・・・・・

久保田と言えば「千寿」「萬寿」など「〇寿」と付くものが多い。

そして長生きして祝われるのも「〇寿」。

一番近いのは77歳の「喜寿」。

まだまだ先の話しだナ。

「還暦」は近いが…(苦笑)

 

まずは1コ上のM氏の還暦を無事に祝いたい。