K's MENU Note

シングルモルトに純米酒、そしてカクテル。ときどき料理。

『宮泉 純米にごり』「写楽」ブランドで知られる蔵が造る、フレッシュなにごり酒。

K’s MENU Note

福島『会津 宮泉 純米にごり』

 

昨年末から体調を崩した。

だが崩れたのは体調だけでなく、メンタルもやられていた。

こちらの方が何かとシンドイ。

幾多の不調が現れる。

そしてメンタルの調子が悪いとブログが書けない。

書けないことはないが、内容がネガティブになる。

それは避けたい。

ようやく回復の兆しが見えて、そろそろ書けそうな気がする。

 

そこでこちらの一本。

f:id:kimama2016:20200208095221j:plain

造るのは、福島県会津若松市にある宮泉銘醸(株)。

写楽」ブランドで知られる蔵だ。

f:id:kimama2016:20200208095238j:plain

精米歩合、60%。

しぼりたてのお酒をそのまま瓶詰め。

冷蔵で貯蔵した、純米にごり酒

f:id:kimama2016:20200208095254j:plain

このお酒、特に注意書きは無いのだが…。

開栓時、ポンッという快音と共に、王冠が見事にふっ飛んだ。

惨事は免れたが、危なかった。

f:id:kimama2016:20200208095310j:plain

さて、味わいだが…。

最初はやはり強めの発泡を感じる。

甘さの印象と乳酸系の酸味が同居する。

確かに甘めだがしつこい感じは無い。

重すぎず、適度なボディと旨み。

後味はむしろスッキリ。

辛めの余韻も残す。

 

このくらいの「うすにごり」は好きだ。

濃すぎる「にごり」は個人的にはちょっと…。

f:id:kimama2016:20200208095328j:plain

・・・・・

気がつけば1月も終わり、立春も過ぎた。

早いものである。

そうやって歳を重ねていく。

これからは身体だけでなく、メンタルのケアもしっかりしなければ…。

大事なのは「バランス」。

日本酒だって甘味と酸味の「バランス」が大切。

しかし…だ。

「バランス」ってものは、崩れて初めて分かるのではないか?

人間って難儀だなぁ。