K's MENU Note

シングルモルトに純米酒、そしてカクテル。ときどき料理。

『デュワーズ ホワイトラベル』 屈指の販売量を誇る、スコッチのビッグブランド。

K’s MENU Note

『Dewar's White Label』

 

終息が見えない新型コロナウイルス

全世界での感染者が10万人を超えたらしい。

中国の影響力が世界中に広がっている証だろう。

 

日本国内でも感染者が増え続けている。

マスクやペーパー類の不足も相変わらずだ。

先日、近所の酒屋をのぞいたら「スピリタス」が売り切れてた。

スピリタスとは、アルコール度数96度ウオッカのこと。

 

f:id:kimama2016:20200307105607p:plain


おいおい…。

そこまでやるか?

確かに殺菌消毒にはなりそうだが…(苦笑)

 

さて、今回は定番のスコッチを紹介しよう。

f:id:kimama2016:20200119002409j:plain

1846年、ジョン・デュワー氏によって設立された、スコッチのトップブランド。

特にアメリカではシェアNo.1の銘柄だ。

そのきっかけになったのが1891年…。

 

鉄鋼王として有名な、スコットランド生まれのカーネギー氏。

その彼が時の大統領に「樽入りのデュワーズ」を贈ったそうだ。

それが全米中の話題となって大ブレイクしたのだという。

 

ハイランド地方のアバフェルディがキーモルト

今回はスタンダードなホワイトラベル。

f:id:kimama2016:20200119002444j:plain

f:id:kimama2016:20200119002502j:plain

テイスティング

マイルドでライトなスコッチ。

特徴は無い。

裏を返せばバランスが良いとも言える。

ソーダで割ると微かなスモーキーフレーバーが立つ。

スコッチ好きにとっては魅力的な香りだ。

ハイボールにするならば、コスパを考えても悪くない味わいである。

f:id:kimama2016:20200119002522j:plain

ちなみに…。

左の画像は旧ボトル。レトロな雰囲気が何とも言えない。

f:id:kimama2016:20200119002540j:plain

・・・・・

新型コロナウイルス

自粛ムードの中で、飲み屋にとっては厳しい春だ。

こんな時には、いわゆる「固定客」の有無が存亡を左右する。

ある意味、店の真の実力を試されているのかも知れない。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

デュワーズ ホワイトラベル 40度 700ml
価格:1137円(税込、送料別) (2020/3/10時点)