K's MENU Note

シングルモルトに純米酒、そしてカクテル。ときどき料理。

『常きげん 純米酒』霊峰白山を望む加賀の地で、伝統を重ね続ける酒づくり。

K’s MENU Note

石川『常きげん 純米酒

 

当面、夜間の営業を自粛している。

ランチは「条件付き」で営業している。

営業時間と入店人数を制限し、メニューは丼ものが中心。

短時間でサクッっと食べて頂くつもり。

しかし、日中に店を開けていると…。

昼呑みの老人たちがやって来る。

行きつけのカラオケスナックが休業して、行くところが無いらしい。

 

飲食店は朝5時~夜8時までは営業しても良い。

また酒類も夜7時までは提供して良い、ことになっている。

しかし…だ。

これでは限定的に営業している意味が無いのでは?

少しでも売上になるのは助かるが…。

困ったものだ。

・・・・・

さて、今回はこちらの日本酒を。

f:id:kimama2016:20200409094430j:plain

造るのは石川県加賀市にある、鹿野酒造(株)

霊峰白山を望む地で、1819年に創業。

山廃仕込み」を得意とする蔵元だが、今回は五百万石を60%まで磨いた特別純米酒

f:id:kimama2016:20200409094446j:plain

テイスティング

口当たりはやさしい。

ほわっと広がる米の味わい。

軽くて綿雲のように消えて行く後味。

淡泊にも感じるが、そのふんわり柔らかい味わいは心を和ませる。

 

軽く温める。

酸が立って輪郭がハッキリする。

すっきり感が増し、キレも良くなる。 

料理に合わせるなら燗がいい。

f:id:kimama2016:20200409094508j:plain

・・・・・

結局「昼呑み」に制限を設けることにした。

  • ひとり2杯まで
  • 在席は1時間以内
  • 3名以上での来店はお断り

あくまでもメインは「食事」。

プラスで「ちょこっと呑める」イメージ。

これでどうだ!?

 

優先すべきは感染拡大の防止である。

「ならば営業しなければいい」と言われそうだが…。

なかなかねぇ…。

 

とにかく初めてのことなので、想定しないことが起きる。

非常事態宣言が終わっても、手探りの営業が続きそうだ。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

石川県は加賀市の蔵元 鹿野酒造常きげん 純米酒 1800ミリ
価格:2640円(税込、送料別) (2020/4/28時点)