K's MENU Note

シングルモルトに純米酒、そしてカクテル。ときどき料理。

『國稀 純米』日本最北の蔵で醸される、キレの良い一本。その味わいは?

K’s MENU Note

北海道『國稀 純米 吟風國稀』

 

もう20年近くになる。

私にとっての「夜」仕事の時間だ。

それが突然、自宅で過ごす時間に変わった。

 

さて、何をしようか?

私はゲームはやらない。

映画やアニメはほとんど見ない。

TVは見るが、さすがに飽きる。

読書は疲れ目が酷いので制限している。

ブログを書こうにも、コロナ以外にネタが無い。

…。

どうしたものか。

1ヶ月で終わるならいいが、何ヶ月も続くとなると…。

何か考えなくては、と思いつつ、今回はこちらの一本。 

f:id:kimama2016:20200409094129j:plain

造るのは、北海道増毛町にある國稀酒造(株)

日本最北にある蔵として知られている。

f:id:kimama2016:20200409094145j:plain

今回の一本は、北海道産の好適米「吟風」を100%使用した純米酒

スペックはラベルの通り。

f:id:kimama2016:20200409094159j:plain

テイスティング

立ち香は感じない。

口に含むと、まず酸を感じる。

その後は、静かにそよぐ風のような印象。

綺麗な酒質で、スーッと流れ、消えていく。

さわやかな味わいだが、どこかに北の冷たい空気感がある。

吟風というより冷風?

 

軽く温める。

少し膨らむが、やはりキリっとして、すっきり辛い。

後味のキレは見事。 

 

全体的に北の空気を連想させる味わいだが、思い込みだろうか?

f:id:kimama2016:20200409094212j:plain

・・・・・

自宅での過ごし方で、思いついたことがある。

「コロナが終息したらやりたいこと」を書き出すのだ。

こと細かく妄想して、ひとつひとつストーリーを描く。

結構な時間つぶしになるし、何といっても思考がポジティブになるのがいい。

しかも、ちょっとした短編小説に…、ならないか(苦笑)

 

営業自粛の「長い夜」。

本当はサクッと飛び越えて行きたいところだが…。

星降る夜に誘われて、戸惑う私。

なんてね(笑)