K's MENU Note

シングルモルトに純米酒、そしてカクテル。ときどき料理。

『㐂六(きろく)』原料と製法にこだわった、黒木本店のプレミアム芋焼酎。

K’s MENU Note

芋焼酎『㐂六』

 

今朝もいい天気だ。

気温は低めだが、空気が澄んで気持ちが良い。

本来ならば絶好の行楽日和である。

間もなく大型連休に突入する。

感染者の少ない観光地には多くの人が繰り出すのだろうか?

気持ちは分かるが、ここは何とかガマンして欲しい。

この状況が改善されず、ダラダラと続くことの方が辛いはずだ。

私は為政者が強い権力を持つことを好まない。

人権が制限されることを警戒する。

しかし…。

安直な行動をする市民を目にするたびに「時に強権力も必要かも」と思う。

コロナによって私の価値観も変えられたのだろうか? 

・・・・・ 

さて、今回はこちらの一本を。

f:id:kimama2016:20200307164236j:plain

造るのは、宮崎県の黒木本店

百年の孤独」「中々」「爆弾ハナタレ」など、プレミアム焼酎を多く造る蔵だ。

「㐂六」は自社栽培の黄金千貫と米麹(黒)で仕込まれた一本。

木桶蒸留後、原酒のまま3年間熟成している。

f:id:kimama2016:20200307164255j:plain

ちなみに七が3つの「き」の文字は「喜」の草書体。

f:id:kimama2016:20200307164310j:plain

テイスティング

香りも味もおとなしい。

ライトな甘みで芋感は薄い。

黒麹、常圧蒸留ながら、酒質は軽やか。

全体的にスッキリしていてキレがいい。

なんか日本酒のような感想だな(笑)

 

蔵のこだわりがイマイチ伝わりにくいテイストだ。

個人的にはもっと芋が主張してくる焼酎が好みである。

f:id:kimama2016:20200307164352j:plain

・・・・・

コロナによって多くの人の価値観が変わる。

生活が変わる。

社会が変わる。

経済が変わる。

政治も変わる(かも知れない)。

世界の仕組みも変わる(かも知れない)。

 

何が大切なのか?

いかに生きるべきか?

失うものもあるが、得られるものもあるハズ。

コロナによって得られた時間で、ゆっくりと考えたい。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

≪芋焼酎≫ きろく 1800ml
価格:2449円(税込、送料別) (2020/4/28時点)