K's MENU Note

シングルモルトに純米酒、そしてカクテル。ときどき料理。

『ローワンズ クリーク』家族経営の小さな蒸留所が丁寧に造る、こだわりのバーボン。

K’s MENU Note

『ROWAN's CREEK』

 

最近、やたらと日本酒の記事が多くなっている。

理由は簡単。

夜の営業を自粛しているので、新しい酒が仕入れられない。

なので、下書きのストック(日本酒が多い)をベースに記事を書いている。

テレビ番組と同様、それが尽きると大変だ。

再放送って訳にはいかないし…(苦笑)

  

さて、今回は残り少ないウイスキーの下書きからこちらのバーボンを。 

f:id:kimama2016:20200105105537j:plain

f:id:kimama2016:20200105105556j:plain

ケンタッキー州の古都、バーズタウン

その古い町のウィレット蒸留所の跡地で造られる1本。

造るのはケンタッキー・バーボン・ディスティラーズ

家族経営の小さな蒸留所で、大手とは違うコンセプトでクラフトバーボンを造っている。

f:id:kimama2016:20200105221012j:plain

こちらはスモールバッチ・シリーズの1本。

アルコール度数50.05%。

かつては12年の表記があったが、こちらも原酒不足だろうか。

若い原酒をブレンドしているようで、ヴィンテージの表記は無くなっている。

f:id:kimama2016:20200105221030j:plain

ストレートでテイスティング

軽い穀物の香りが心地よい。

最初に酸味のある刺激を感じる。

その後、じわっと穀物の甘みが広がり、風のようにフワッと消える。

全体的にやさしいテイストのバーボンだ。

ボディはミディアム~ライト。

刺激や雑味は少なく、円やかな口当たり。

丁寧な造りが想像できる1本で、薄めずにチビチビやりたい。

f:id:kimama2016:20200105105652j:plain

・・・・・

緊急事態宣言が5月末まで延長された。

想定内なので驚きは無い。

それでもいずれは解除される。

もちろん段階を踏んでだ。

 

しかし…。

「飲み屋」はちょっと厳しいのかなぁ?

今回の騒動でだいぶ「悪者」になった感がある。

それでもね。

営業しないと生きていけないのですよ…。

そこでまずは夜10時までの営業を許可して欲しい。

そうすればある程度の飲食店は救われるハズ。

 

そうすれば…。

新しい酒が仕入れられるし、ブログのネタが尽きる心配も無くなる。

…まぁ、それはどうでもいいが…。

とにかく明確な出口戦略を示して頂きたいのだ。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

ウイスキー ローワンズ クリーク 750ml (74-3)(71146) 洋酒 Whisky
価格:4048円(税込、送料別) (2020/5/14時点)