K's MENU Note

シングルモルトに純米酒、そしてカクテル。ときどき料理。

『酔鯨 純米吟醸』料理の良さを引き出しながら、杯を重ねられる土佐の酒。

K’s MENU Note

高知『酔鯨 純米吟醸 吟麗』

 

フェイスシールドを購入した。

10枚入りで2,500円ほど。

f:id:kimama2016:20200606121616j:image

f:id:kimama2016:20200606121626j:image

夜の営業時に装着するつもり。

感染防止のため、やれることはやっておこう。

時短営業を始めて2週間。

コロナと「共存」するためには致し方ない。

 

さて、今回はこちら。

f:id:kimama2016:20200601111351j:plain

造るのは、高知県高知市にある酔鯨酒造(株)

土佐の酒の基本は「料理に合わせる」酒であること。

「旨みがありながらキレがよく」「香り穏やかな酒」が目標。

料理の良さを引き出しながら、杯を重ねられる酒を造っている。

f:id:kimama2016:20200601111412j:plain

今回の1本は…

原料米に松山三井を使った純米吟醸酒

日本酒度+7、酸度1.7。

f:id:kimama2016:20200601111428j:plain

テイスティング

香りは穏やかだ。

最近は上立香の強い酒に出会うことは滅多にない。

スッとした、なめらかな口当たり。

苦みがアクセントになり、後口はスッキリ。

冷えていると少し硬い印象。

 

常温に戻っても、本質は変わらない。

スッキリ辛口で、苦みのアクセント。

 

ぬる燗にすると、酸の印象が強くなる。

苦みがやや薄れ、まろやかな味わいも。

キレの良さは変わらない。

f:id:kimama2016:20200601111452j:plain

・・・・・

コロナのせいで営業しづらい。

しかし悪いことばかりでもない。

品切れの際「コロナの影響で仕入れが…」と言えばOKだ。

店を休む時も「感染防止のために…」と言えば聞こえがいい。

そこはうまく利用させてもらう。 

それが「共存」だろ。

 

「今日、損?」

「パチンコか!」

 

…もちろんネタにも使う。

 

kimama2016.hatenablog.jp

 

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

酔鯨 純米吟醸 吟麗1.8L
価格:2347円(税込、送料別) (2020/6/16時点)