K's MENU Note

シングルモルトに純米酒、そしてカクテル。

『一ノ蔵(宮城)』バランスがよく安定の辛口純米酒。

遅れていたプロ野球の開幕。

先日ようやく始まって、昨日でちょうど10試合消化した。 

私は生まれも育ちも東京ながら、オリックスのファンである。

小学校高学年からなので、もう40年以上だ。

(当時は阪急ブレーブスという球団だった)

 

オリックスになってからはイチロー時代を除き、いいことがない。

それでも毎年、応援している。

今年も開幕するまでは妄想劇場を楽しんでいた。

しかし、いざ開幕すると…

まさかの同一カード6連敗を含め、悪夢の1勝9敗スタート。

待ちに待った開幕が、こんな形になろうとは…。

 

このままいけば100敗はしそうだな。

どうする!?どうなる!?

 

とりあえず気を取り直してお酒の紹介を。

f:id:kimama2016:20200601110047j:plain

造るのは、宮城県大崎市にある(株)一ノ蔵

生産量も多く、地酒としては名の知れた蔵だ。

今回の一本は、同社の純米酒シリーズの中で「甘口」「超辛口」の中間に位置する。

精米55%。

日本酒度は+1~+3 のやや辛口。

f:id:kimama2016:20200601110103j:plain

f:id:kimama2016:20200601110118j:plain

味わいの印象としては、普通のお酒。

際立った特徴はないが、バランスは良い。

どんな温度帯でも飲めるし、飲み手を選ばない汎用性がある。

しかし、ややのっぺりした印象で、大手の酒に近い気がする。

コスパは良いので、普段飲みには重宝しそうだ。

f:id:kimama2016:20200601110134j:plain

・・・・・

さて、お先真っ暗なオリックス

しかしファンはめげないのである。

この程度でめげていては、オリファンは続けられない。

 

暗闇の中から光を探す。

注目は今夜先発する68鈴木優投手

都立高校出身、6年目の23歳。

地道な努力が実を結んで巡ってきたチャンス。

なんとかつかみ取ってくれ。

 

そしてオリファンに、ちょっとだけでいい。

希望をください。

 

(追記)

5イニング、無安打、無失点のパーフェクトピッチング!

しかも相手が西武打線だから、恐れ入ったわ。

都立高校から直接プロ入りした選手で勝ち星が付いたのは史上初だって~!

これで楽しみができた。ありがとう!

 

(追記)

2021年、来期の戦力外通告を受けてしまった。

残念でならない。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

日本酒 地酒 宮城 一ノ蔵 特別純米酒 辛口 1800ml
価格:2536円(税込、送料別) (2022/4/24時点)