K's MENU Note

シングルモルトに純米酒、そしてカクテル。

『ビア・スプリッツァー』すっきり爽快なカクテル。

世間は4連休の真っただ中。

そして「Go To トラベル」が始まった。

しかし都知事からは「外出自粛要請」だ。

 

私たちは何を基準に、どう行動するべきなのか?

最終的には個々人の判断に委ねるしかないのか?

 

「with コロナ」というキャッチフレーズ。

「もしかしたらコロナとうまく共存して、経済を回せるかもしれない。」

人々にそんな幻想を抱かせた。

しかし結局のところ、コロナと「with」なんて出来ないのではないか?

中途半端に二兎を追った結果、何も得られなかった。

そんな最悪の結果にならないことを祈るばかりだ。

 

あぁ、ダメだ。

コロナのことを書くと、ついネガティブになってしまう。

 

気を取り直して、今回のお酒を。

f:id:kimama2016:20200723220915j:plain

スプリッツァー」は、白ワインを炭酸で割ったカクテル

語源はドイツ語の「シュプリッツェン (はじける)」。

炭酸の代わりにビールを使うのが「ビア・スプリッツァー」だ。

f:id:kimama2016:20200723220945j:plain

レシピは複数存在する。

白ワインとビールを [ 1 : 1 ] で割るのがオーソドックス。

この比率は、使う材料の質によって調整すると良いだろう。

古いレシピでは氷を入れるものもある。

f:id:kimama2016:20200723221006j:plain

店で使っている「Super Dry」と「辛口白ワイン」で調製。

結論を言うと、この組み合わせはダメだ。

すっきりキレの良いドライに、さっぱり酸味のある白ワイン。

これでは合わせる意味がない。

それぞれで飲んだ方がいい。

 

あくまで想像だが…

「Super Dry」に合わせるなら「甘口白ワイン」。

「辛口白ワイン」に合わせるなら、コクのある「エール系」か。

f:id:kimama2016:20200723221033j:plain

・・・・・

早ければ来月には「Go To イート」が始まる。

苦境に喘ぐ飲食店を救済する施策らしい。

それで救われる飲食店がどれくらいあるのだろうか?

 

私は参加しない。

インバウンドも興味なかったし、キャッシュレスもやっていない。

政府の施策をすべて否定するわけではないが…

個々の店で状況が違いすぎる。

最終的には自分で判断して、行動するしかないのだろう。