K's MENU Note

シングルモルトに純米酒、そしてカクテル。ときどき料理。

『金陵 純米吟醸』藍色のラベルが映える、ふくよかな「讃岐のこんぴら酒」。

K’s MENU Note

香川『金陵 純米吟醸 濃藍

 

コロナの第2波が大変なことになってきた。

このまま店を続けていけるのだろうか?

老いもあるし、体調面の不安もある。

 

何かと悲観的になりがちな日々だが、そんな私を救ってくれる言葉がある。

「悲観は感情、楽観は意志」

世の中にはコロナをはじめ、自分でコントロールできないものが多い。

しかし「自分の感情」は自らコントロールできる(はず)。

悲観が「感情」ならば「自分の意志」で「楽観」に変えることができる(だろう)。

思考がネガティブになりそうな時は、この言葉を思い出すようにしている。

 

さて、今回はこちらの一本。 

f:id:kimama2016:20200615083331j:plain

造るのは、香川県仲多度郡琴平町にある西野金陵(株)

230年の歴史を誇る老舗蔵元だ。

造り手の心、蔵人の和を大切に、心を込めた酒造りに励んでいる。

f:id:kimama2016:20200615083348j:plain

今回の一本は…

香川産の「オオセト」を58%まで精白した、純米吟醸酒

-NIPPON COLORS- のサブタイトルが付く。

その意味合いは裏ラベルに。

f:id:kimama2016:20200615083401j:plain

テイスティング

なめらかで柔らかい、膨らみのあるお酒。

酒度は不明だが、やや甘口の印象。

 

冷だと少し硬いか。

アフターに苦みを感じる。

 

常温がもっとも味わい深かった。

米のふくよかなテイストと含み香。

まろやかで味の幅が広がる。

 

温めると酸が立ってくる。

甘い米の香り、すっきり感が増す。

f:id:kimama2016:20200615083428j:plain

・・・・・

先行きは不透明だ。

それでも人は生きて行く。

ならば少しでも将来に希望をもって、前向きに生きて行きたい。

それはコロナに関係なく、自分自身でできること。

自分との対話である。 

 

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

【香川の地酒】金陵「濃藍」純米吟醸酒(1.8リットル)
価格:3300円(税込、送料別) (2020/9/5時点)