K's MENU Note

シングルモルトに純米酒、そしてカクテル。

『七田(佐賀)』濃厚な無濾過原酒も、後味スッキリ。

最近時間があると、クロスバイクで自宅周辺を走り回っている。

もう30年余りこの地で暮らしているが、知らない事だらけだ。

新たな発見に心が躍る。

 

自転車はいい。

徒歩では行動範囲が限られる。

車では見過ごしてしまう。

その点、自転車は小回りも効くし、それなりに遠くまで行くことができる。

心配なのは…

ゲリラ豪雨と、パンクかな。

 

さて、今回はこちらの日本酒。

f:id:kimama2016:20200705214833j:plain

造るのは、佐賀県小城市天山酒造(株)

天山の麓、水清らかでホタルが飛び交う里に蔵はある。

 

酒造りを始めたのは、1875年(明治8年)。

元々は製粉製麺業を営んでいたらしい。

現在の蔵元は6代目。

「知恵」と「チャレンジ」で「天山らしい旨い酒」を目指している。

f:id:kimama2016:20200705214850j:plain

今回の一本は…

兵庫県産の「山田を75%まで精白。

ちなみに「山田穂」は山田錦」の母方の品種である。

日本酒度+3、酸度1.8、アルコール度数17度。

無濾過の純米生原酒だ。

f:id:kimama2016:20200705214907j:plain

甘い米の香りが立つ。

口に含むと…「あれっ?いちご!?」。

日本酒度はプラスだが、印象は甘い。

原酒なのでオイリーで濃い。

 

常連M氏、曰く「かき氷にかけて食べたい」

ちょっと何言ってるか分かんない

…。

失敬。

 

「甘いし濃いし、ちょっとしんどいかなぁ~」と思ったが…

強めの酸が全体を引き締め、後口はサラッとキレ良し。

華やかで艶っぽいお酒だが、くどい感じは無いので、飲み疲れしない。

良い意味で、最初と最後で印象が変わる酒だ。

f:id:kimama2016:20200705214923j:plain

・・・・・

今年の夏は完全に自粛ムードである。

クロスバイクに乗るのも「不要不急」と言えば確かにそうだ。

でもそれくらいの楽しみはいいだろ。

 

今度は「ソロバーベキュー」でもやろうかな。

それを You Tube で…

って、ヒロシかっ!

 

コロナ禍でのちょっとした楽しみを見つける。

それが今の私にできること。

 

過去の七田 。

kimama2016.hatenablog.jp