K's MENU Note

シングルモルトに純米酒、そしてカクテル。ときどき料理。

『日高見 超辛口純米酒』すっきりして潔いほどのキレ。男気を感じさせる一本。

K’s MENU Note

宮城『日高見 超辛口純米酒

 

安倍首相が辞任を表明した。

1週間前にはオリックスの監督が辞任した。

私の中では似たようなものだ(失礼)

最後の方の迷走ぶりがシンクロする。

 

ただ安倍首相はそれなりに実績も残した。

国民の支持もあった。

でなければこれだけの長い期間、国のトップを務めることはできなかったであろう。

オリックスの西村前監督は、ファンの支持もなく、実績は皆無だ。

だから短期間で事実上の解任に至った。

その点は大きく異なる。

念のため、断っておく。

 

さて、今回のお酒はこちら。

f:id:kimama2016:20200824153750j:plain

造るのは、宮城県石巻市にある(株)平孝酒造

岩手県の「菊の司酒造」から分家して1861年に創業。

「日高見」の名前の由来は以前の記事で書いた。 

kimama2016.hatenablog.jp

f:id:kimama2016:20200824153811j:plain

今回の一本は…

「ひとめぼれ」を60%まで精白。

日本酒度は+11、酸度1.7の超辛口純米酒だ。

f:id:kimama2016:20200824153825j:plain

穏やかな甘い米香。

キリっとしまる口当たり。

奥行きや膨らみがあって、ただ辛いだけの酒ではない。

スッと消えゆく後口のキレは見事。

適度な酸と苦みがいい。

 

軽く温める。

酸を強めに感じ、スッキリ感が増す。

やはり後口のキレは抜群。

 

力強い酒だ。

切れ味の潔さを感じる。

私感だが漁師の男気を感じさせる酒である。

f:id:kimama2016:20200824153841j:plain

・・・・・

ポスト安倍の日本がどうなるのか。

国難のいま、政策が大きく変わることはないと思う。

それよりも米国の大統領選挙の行方が気になる。

結果次第では世界が大きく動く。

その激流に巻き込まれるであろう日本。

その時はぜひ「男気」を見せて欲しいものだ。 

 

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

日高見 超辛口 純米酒 1800ml ひたかみ
価格:2750円(税込、送料別) (2020/9/1時点)