K's MENU Note

シングルモルトに純米酒、そしてカクテル。

『スクリュードライバー』ウオッカの定番カクテル。

わたしは「設計図」というものが苦手だ。

手順どおりに作らないと完成しないものはたいてい失敗する。

 

ぼやっとしたイメージで作り始めて、感覚を頼りにゴールを探す。

そんなやり方のほうが性に合っている。

 

ブログ記事も同様で、書きながらゴールを探す。 

・・・・・

前々回の記事で、Vodkaの縁の下の力持ち的な役割りについて触れた。

今回はオレンジジュースと合わせた定番のカクテルを紹介する。

f:id:kimama2016:20200828082314j:plain

【スタンダードな処方】

  • Vodka     45ml
  • Orange Juice     適量

氷を入れたグラスに注ぎステアする。

 

ロンググラスで作るとアルコール度数は10%程度。

ただし、Vodka、オレンジジュースの量で度数は容易に調整できる

お酒に弱い方は注意が必要。

f:id:kimama2016:20200828082406j:plain

スクリュードライバー」の名前の由来は…

その昔、中東で働く米国人の作業員がいた。

のどの渇きを癒そうと、彼は即席でカクテルを作った

その時、ステアするために使ったのが工具のねじ回しだったとか。

そこからこのネーミングになったらしい。

少々眉唾な気もするが、まぁそういうことだ。

f:id:kimama2016:20200828082441j:plain

使うのはスミノフのVodka。40度。

見た目はオレンジジュースのまま。

「Vodkaは無味無臭なので味はオレンジジュースと変わらない」

そんな言説も見かけるが、決してそんなことはない。

前回の「ビッグ・アップル」同様、Vodkaがしっかり支えている。

味のボリュームが増し、アルコール感がグッとくる。

ジューシーでフレッシュだが、十分に大人のカクテルである。

f:id:kimama2016:20200828082515j:plain

・・・・・

思い起こしてみると…

 

「美術」は得意だったが「技術工作」は苦手だった。

「絵筆」は使えるが「ねじ回し」はうまく使えない。

「アイアン」はまっすぐ飛ぶが「ドライバー」は直角に曲がる…。

 

喧しいわ。

 

これが見つけたゴールか!?

 

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

スミノフ ウォッカ レッド 40度 750ml 正規
価格:977円(税込、送料別) (2022/4/5時点)