K's MENU Note

シングルモルトに純米酒、そしてカクテル。

『リトルミル 1992』今は無き蒸留所の希少なモルト。

自宅で何本か、レアなWhiskyを保管している。

別にコレクターではないので、いずれ開栓するつもりだ。

しかし昨今のWhisky人気、そして高騰を目の当たりにすると、ちょっと戸惑う。

何かの記念日に、少しずつ開けようと思っている。

 

ところがだ。

このコロナ禍で、とち狂って思わず一本開けてしまった。 

それがこちらのWhisky。

f:id:kimama2016:20200601111723j:plain

リトルミルの創業は1772年で、Scotland最古とも言われる。

蒸留所はハイランドとローランドの境界近くで、クライド川に面していた。

1994年に閉鎖、2004年に火災で焼失、現在は完全に取り壊されている。

f:id:kimama2016:20200601111741j:plain

ボトリングは「BBR(ベリーブロス&ラッド)社」。

イギリスの老舗ワイン商。

その目利きにより、数多の秀逸なWhiskyが瓶詰め、販売されている。

 

今回の一本は…

BBR社の「復刻ラベルシリーズ」

1992年のビンテージ。

21年熟成の長熟モルトである。

アルコール度数、52.9%。

f:id:kimama2016:20200601111805j:plain

ライトで優しい香り。

フレッシュで、何か郷愁を誘うような素朴な香りだ。

穀類や牧草地のニュアンス。吹き抜ける風。

 

舌に乗せるとフワッと軽く、どこまでもとろけるような滑らかさ。

円熟を感じながらも、どこかフレッシュフルーツのような新鮮さも。

そしてじわっと熱を感じる。

Whisky造りにかける情熱…。

熱くて、なめらかで、軽やかで…。

この軽やかさはローランドならでは。

今は無き蒸留所に思いを馳せながら、じっくり味わいたい。 

f:id:kimama2016:20200601111827j:plain

・・・・・

とち狂ったとは言え、開けてしまった以上は飲むしかない。

そしてもちろん店でも売る。

しかし片田舎の飲み屋(BARではない)で、この希少な一本をいくらで売れば良いのか?

高すぎると売れないし、かと言って、ねぇ。

どうしたものか…。

 

 

そうだ!

カネオくんに聞いてみよう!

 

 

NHKかっ!?