K's MENU Note

シングルモルトに純米酒、そしてカクテル。ときどき料理。

『駿 純米酒』 筑後川水系の「名水の郷」で醸される、ふくよかで旨みののった食中酒。

K’s MENU Note

福岡『駿 純米酒

 

秋のGⅠシーズン。

今年は2頭の無敗3冠馬が誕生するという歴史的な年になった。

牡馬コントレイルに、牝馬のデアリングタクト。

コロナ禍の中で夢をくれる見事な活躍だった。

個人的な馬券は惨敗だったが…(涙)

 

さて、今回は「馬」を連想させるこちら。 

f:id:kimama2016:20201004145840j:plain

造るのは、明治26年創業の(株)いそのさわ

名水の郷、福岡県浮羽町に蔵は建つ。

筑紫平野の東端に位置し、筑後川水系の天然水が豊富な地だ。

この名水を仕込み水として醸される「駿」ブランド。

f:id:kimama2016:20201004145857j:plain

今回の一本は定番の純米酒

全量山田錦を使用し、精米歩合は60%。

さて、その味わいは?

f:id:kimama2016:20201004150005j:plain

立香はほとんど無い。

甘みもあり、適度に旨みがのった酒だ。

酒質は軽快で、角がなくなめらか。

やさしくしっとり包み込むような包容力を感じる。

後口のキレは見事。

 

軽く温める。

ふくよかな米香が立つ。

酒の芳醇さ、ボリューム感が増す。

それでもすっきりとしたキレは変わらない。

 

好みだが常温くらいが一番よさそうだ。

f:id:kimama2016:20201004145912j:plain

・・・・・

競馬歴はかれこれ40年近くなる。

この秋は歴史的瞬間を目の当たりにしながらも、イマイチ感動が無い。

どうも最近の競馬は以前に比べて面白くない。

ワクワクしないし、夢やロマンを感じない。

自分自身の変化もあるが、商業主義の行き過ぎが原因ではなかろうか?

 

・レースの細分化、専門化

・GⅠレースの過剰な増設

・馬券の複雑化…などなど。

 

それを進化と言うならば、私はそれについていけないロートルだ。

ダービーに、有馬記念に、胸躍らせた日が懐かしい。

競馬で熱くなることはもう無いのかな。

ちょっと寂しい気もするが、それが40年の歳月ということだ。

 

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

駿 純米酒 SH-Y60 火入れ 1800ml
価格:2530円(税込、送料別) (2020/10/28時点)