K's MENU Note

シングルモルトに純米酒、そしてカクテル。

『スカリーワグ』スペイサイド・モルトのブレンド。

10月ももう終わり。

今年も残りわずかになった。

そして野球はホークスがリーグ優勝。

間もなくGの優勝も決まるだろう。

ドラフト会議も終わり、異例ずくめのシーズンも幕を閉じる。

さて、来年はどうなるか?

・・・・・

今回紹介するのはこちらのWhisky。 

f:id:kimama2016:20200921112046j:plain

ボトラー」と「ブレンダー」の顔を持つダグラスレイン社がリリースする1本。

同社は1948年にグラスゴーで設立されたボトラーだが、その前身は1800年代後半。

スコッチを取り扱う海運業者で、その時のストックが原点となっている。

今回は「ブレンデッド MALT シリーズ」から。

f:id:kimama2016:20200921112059j:plain

マッカランモートラックなど、スペイサイドMaltのみを使用

シェリー樽やバーボン樽での熟成を経た原酒を中心にブレンドしている。

アルコール度数は46%。

 

スカリーワグとは「いたずらな、やんちゃな」という意味の言葉。

ラベルのフォックステリアと、このお酒の味わいを重ねてネーミングしたらしいが…。

f:id:kimama2016:20200921112123j:plain

やや乾いた穀類の香り。

口に含むと、華やかで上品な甘みが広がる。

ボディはミディアム~ライト。

加水するとフルーティな果実感が現れる。

当たり前だが、スペイサイドの特徴は十分に伝わってくる一本だ。

にしても「やんちゃ」な味って??

 

確かにうまい。

しかしこのWhiskyは評価に迷う。

ブレンデッドにしては高価すぎる。

Single Maltと考えるならば、スペイサイドを飲めばいい。

ラベルに惹かれて注文する人はいそうだが、店での売り方は難しい

f:id:kimama2016:20200921112141j:plain

・・・・・ 

さて、プロ野球

オリックスはシーズン途中で監督が解任されるなど、今年も厳しい戦いだった。

それでも将来を期待できる楽しみな選手は多い。

ぜひ今の育成方針を曲げずにチームを作って欲しい。

そうすればファンは納得するし、長い目で応援できるのだ。

何せオリファンには、負けに対するリーグNo.1の抗体があるからね。