K's MENU Note

シングルモルトに純米酒、そしてカクテル。

『バルデスピノ ティオ ディエゴ』辛口のシェリー酒。

だいぶ冷え込んできた。

いよいよ冬がすぐそこに。

この季節になると不思議と飲みたくなる酒がある。

熱燗?

お湯割り?

いや「シェリー酒」だ。

なぜ?と問われると返答に窮するが…。

f:id:kimama2016:20201109182144j:plain

シェリー酒とは?

簡単に言えば、スペインで造られている酒精強化ワインのこと。

醸造過程でアルコールを添加し、度数を高めたワイン)

 

シェリー酒には辛口~極甘口まで、いくつかの種類が存在する。

今回の一本は「アモンティリャード」という種類。

辛口タイプの中では中間的な位置づけだ。

(詳しくは専門サイトを探してくれ)

f:id:kimama2016:20201109182201j:plain

造るのは、スペインのアンダルシアで古い歴史を持つバルデスピノ社。

13世紀にワイン造りを始め、その後何代にも渡る家族経営でその品質を守ってきた。

f:id:kimama2016:20201109182216j:plain

裏ラベルによると…

単一畑のパロミノ種を100%使用。

8年以上フロール(産膜酵母)の下で熟成。その後6年酸化熟成されている。

 

ちょっと何言ってるのか分からない!?

知りたければググってくれ(おいおい)

f:id:kimama2016:20201109182231j:plain

グラスに注ぐとこんな感じ。

薄い褐色で、サラッとしている。

アルコール度数は18度。

f:id:kimama2016:20201109183417j:plain

f:id:kimama2016:20201109183436j:plain

独特の香味に酸味。

熟成を経た複雑な味わい。

甘みは無く「クセが凄い」辛口白ワインを飲んでいるかのよう。

ところがコイツがクセ者で、人によっては病みつきになる。

味の濃い、油っぽい料理にはピッタリ。

口の中をリフレッシュしてくれること、間違いなし。

f:id:kimama2016:20201109182249j:plain

・・・・・

晩秋には得もしれぬ寂しさに包まれる時がある。

そんな時、無性に飲みたくなるのがシェリー酒だ。

何故かはわからない。

シェリーの愛が すべてを包むからだろうか。

 

尾崎かっ!?

 

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

バルデスピノ ティオディエゴ アモンティリャード 18度 750ml
価格:2119円(税込、送料別) (2022/4/26時点)