K's MENU Note

シングルモルトに純米酒、そしてカクテル。ときどき料理。

『バルブレア12年』落ち着いた香りとドライな味わい。丁寧な造りのハイランドモルト。

K’s MENU Note

『BALBLAIR 12』

 

何か面白いこと、無いかな~。

テレビもコロナばっかりでつまらないし。

面白かったのは森口遥子の下剋上くらい。

 

あ、プレバトね。

 

今回はこちらのWhiskyを。 

f:id:kimama2016:20201209214221j:plain

1790年創業。

ハイランドでは2番目に古い蒸留所。

北海に面したドーノック湾岸にある。

映画のロケ地になるほど、美しい蒸留所だ。

f:id:kimama2016:20210114140959j:plain

「バルブレア」とは「平らな土地にある集落」の意味。

バランタインの主要な原酒としても使われている。

モットーは「Whisky造りは工程ではなく、工芸でなくてはいけない」。

小規模で丁寧な造りが特徴だ。

f:id:kimama2016:20201209214238j:plain

12年ヴィンテージは、バーボン樽と2回焼いたAmericanオーク樽で熟成。

着色や冷却ろ過は行わずにボトリングされている。

アルコール度数は46%。

f:id:kimama2016:20210118132012j:plain

ストレートで。

軽めでしっとりしたMalt香。

派手さはないが、落ち着いた香り。

甘みが少なく、全体的にドライな印象。

まん中に果実感、鼻に抜けるMalt香を感じるが、これと言って主張してくるものがない。

ボディはミディアム~ライト。

 

加水してみる。

フルーティな香りが立ち、口当たりは優しくなる。

しかしテイストに大きな変化はない。

 

個人的な感想だが…

ハイランドのMaltはやや不愛想に感じる。

主張が弱いし、変化も少ない。

簡単にはその良さが伝わって来ない。

その分、じっくり楽しめるとも言えるが…。

最近はスペイサイドMaltの方がいろいろな表情があって好きだ。

f:id:kimama2016:20201209214257j:plain

・・・・・

せっかくだから一句詠んでみるか。

 

「冬の風 ドライに香る バルブレア」

 

冬の乾燥した空気感と、バルブレアのドライな風味を表現してみた。

 

夏井先生、どうでしょう?

 

えっ!?

 

やっぱり才能ナシ!?

 

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

バルブレア 12年 46度 700ml R
価格:3760円(税込、送料別) (2021/1/19時点)