K's MENU Note

シングルモルトに純米酒、そしてカクテル。

『出羽桜(山形)』「雄町」で仕込まれた芳醇な一本。

1月後半。

いつもの散歩道では多くの草木が枯れている。

しかし全てが朽ちているのではない。

来るべき春に備えて内部に力を溜めているのだ。

冬の草木からはそんな内なるエネルギーがひしひしと感じられる。

f:id:kimama2016:20201223094128j:plain

造るのは、山形県天童市にある出羽桜酒造(株)

www.dewazakura.co.jp

創業は1892年。

1980年に発売した「桜花吟醸酒」が吟醸ブームの火付け役に。

今では「吟醸酒と言えば出羽桜」のイメージが定着している。 

f:id:kimama2016:20201223094143j:plain

今回の一本は…

「雄町米」を50%精白した純米吟醸酒

雄町は山田錦、五百万石など、多くの酒造米にその血統が受け継がれている。

f:id:kimama2016:20201223094157j:plain

雄町は背が高く倒れやすいうえ、病気にも弱いとあって栽培が難しい。

一時は生産量が減少したが、近年は岡山県を中心に作付けが増えつつある。

山田錦や五百万石には無い、重厚な力強さが魅力だ。

f:id:kimama2016:20201223094212j:plain

香りは穏やか。

微かな吟香。

ジューシーでふくらみのあるボディ。

最初は甘めに感じるが、苦みがアクセントになり、すっきりする。

全体に落ち着きや力強さを感じる酒だ。

雄町米の所以か。

 

ぬる燗で。

なめらかさ、まろやかさが増す。

苦みが薄れ、優しくスムーズな口当たり。

 

熱燗で。

軽くなって、一段とすっきり。

じんわりと身体に染み込む。

この季節は燗が嬉しい。

f:id:kimama2016:20201223094227j:plain

・・・・・

力を蓄える。

人間にもそんな時間が必要である。

私にとっては今がそのとき。

いつかもうひと花、咲かせてみたいものだ。