K's MENU Note

シングルモルトに純米酒、そしてカクテル。ときどき料理。

『ブロンクス』爽やかな風味が魅力の一杯。禁酒法時代に生まれた古典的カクテル。

K’s MENU Note

『BRONX』

 

 「平野佳寿、4年ぶりにオリックス復帰。」

まさかと耳を疑った。

私の耳は嘘をつくから。

でも本当だった。

これは嬉しい。

 

近年の傾向として、先発投手は100球前後で交代する。

結果、どうしてもリリーフ陣への負荷が大きくなる。

平野の加入で層が厚くなり、他投手への負荷が軽減される。

精神的な支柱という意味でも期待は高い。

 

今シーズンがますます楽しみになってきた。

 

さて、今回は古典的なカクテル「BRONX」を紹介する。

使うお酒はこちら。 

f:id:kimama2016:20201209220829j:plain

【スタンダードな処方】

  • Dry Gin     1/2
  • Dry Vermouth     1/6
  • Sweet Vermouth     1/6
  • Orange Juice     1/6

シェークしてカクテルグラスに注ぐ。

f:id:kimama2016:20201209220849j:plain

カクテル名は、ニューヨーク「BRONX」区に由来する。

禁酒法時代に誕生した古いカクテルで…

  • 粗悪なジンを飲むため。
  • 摘発逃れの偽装のため。

の二つの説がある。

f:id:kimama2016:20201209220945j:plain

アルコール感はやや強め。

中口、ドライ寄りのスッキリタイプ。

ジンのキレを果実の甘みが支えている。

  

「中口」と言えば聞こえがいいが…

やや中途半端な印象が拭えない。

もうちょい酸味を効かすか…

もしくは甘みを強めてボリュームを持たせるか。

少しアレンジした方が美味しく飲めそうだ。

 

このカクテル、どうやらクリスマスによく飲まれるらしい。

しかし味わい、色合いとも、春先~初夏がマッチする。

f:id:kimama2016:20201209220958j:plain

・・・・・

平野が帰ってくる。

背番号「16」の雄姿がまた見られるとは感激だ。

あとオリックスで空き番になっているのは…

 

「7」

糸井が移籍した後、空いている。

相応しい選手が出てくれば継承するのだろう。

 

問題は…

「51」

まさか!?

もしかして…!

電撃復帰!?

 

ナイなぁ…(苦笑)