K's MENU Note

シングルモルトに純米酒、そしてカクテル。ときどき料理。

『伯楽星 純米吟醸』目指すは「究極の食中酒」。繊細でさわやかな純米吟醸酒。

K’s MENU Note

宮城『伯楽星 純米吟醸

 

コロナが拡大してからめっきり来店が減ったO氏。

先日久しぶりにやって来た。

「大丈夫ですか?」との問い。

時計を見ると19時を過ぎている。

「大丈夫、じゃないです。お酒は7時までしか出せないので。」

「えっ?そうなの??」

「はい…。」

って、今さらっ!?

 

さて、今回はこちらの日本酒。

f:id:kimama2016:20210211112114j:plain

造るのは、宮城県大崎市にある(株)新澤醸造店。

「あたごの松」ブランドでも知られている。

目指すは「究極の食中酒」。

若き女性杜氏を中心に、フレッシュな酒造りを行っている。

f:id:kimama2016:20210211112136j:plain

今回の一本は…

「蔵の華」を55%まで精白。

日本酒度+4、酸度1.6の純米吟醸酒

f:id:kimama2016:20210211112154j:plain

爽やかな酸味に包まれる。

新酒らしいフレッシュさも残しつつ、穏やかで柔らかい。

すっきりとして、すがすがしい涼風に吹かれるような酒だ。

 

軽く温める。

米の旨みが広がる。

酒質は変わらない。

フレッシュで爽やか、すっきりテイストが魅力。

 

個人的には燗酒が好きだが、この酒は冷やして飲んだ方がいいだろう。

さっぱり系の料理と合わせたい。

f:id:kimama2016:20210211112211j:plain

・・・・・

緊急事態宣言が発せられて1ヶ月半が過ぎた。

宣言解除も見えてきている。

国や都はどんな対応をするのだろうか?

 

現場の感覚としては…

「飲みたい」マグマが蓄積されて今にも噴火しそうな気配を感じる。

飲み屋の時短営業が終われば、堰を切ったようにごった返す。

そして悪夢の第4波…!?

 

そうなったらいよいよオリンピックはアウトなので、慎重にやるかもね。

店としては3月7日の解除を前提に準備を進めるしかないが…。