K's MENU Note

シングルモルトに純米酒、そしてカクテル。

『廣戸川(福島)』穏やかな香りと滑らかな口当たり。

東日本大震災から10年が経過した。

毎年この時期には、東北地方のお酒を紹介している。

今年は福島のお酒を。

f:id:kimama2016:20201218121037j:plain

造るのは、福島県岩瀬郡天栄村にある松崎酒造(株)

「廣戸川」は地元を流れる「釈迦堂川」の旧名に由来する。

f:id:kimama2016:20201218121051j:plain

創業は1892年。

内陸部にある蔵だが、震災で被害を受ける。

建物のダメージに加え、杜氏の板垣氏が心労で倒れてしまう。

そこで蔵の後継者、佑行氏(当時26歳)が立ち上がった。

自らが杜氏として酒造りに挑戦。

幾多の苦難を乗り越え今に至る…。

 

と、文字で書いてしまえば僅かだが…

その苦労は並大抵のものではなかっただろう。

私には想像するしかできないし、その苦しみを真に理解することは不可能だ。

f:id:kimama2016:20201218121107j:plain

今回の一本は蔵の定番。

「夢の香」を55%まで磨いた特別純米酒

太田和彦さんの番組を見ていると、このお酒がよく登場する。

どうやら太田さんも好みの銘柄らしい。

f:id:kimama2016:20201218121121j:plain

穏やかな香りと米の旨み。

雑味が無くきれいな酒。

爽やかな酸味が果実のようなフレッシュさを醸す。

アフターにも果実の風。

 

軽く温める。

米の香りがほんわりと立つ。

酸が輪郭を作り、その中に米の旨みが満ちる。

やわらかく滑らかな口当たりが心地よい。

 

全体に落ち着いたテイストで、飲んでいて安心する。

f:id:kimama2016:20201218121137j:plain

・・・・・

あれから10年。

その記憶はいまも鮮明に残っている。 

本当の苦しみは被災した方にしか分からない。

だから安易な言葉は書きたくない。

それでも東北のお酒を飲むことで、微力ながら応援できたらと思う。