K's MENU Note

シングルモルトに純米酒、そしてカクテル。

『ドランブイ』スコッチベースの香草系リキュール。

9月になって急に気温が下がった。

このまますんなりと秋を迎えるのだろうか。

そしてコロナの新規感染者もだいぶ減ってきた。

こちらはすんなりとは終息(収束?)には向かわないだろう。

(麻生さんは終息したと思っているらしいが…w)

 

さて、今回は一般には馴染みの薄いこちらのリキュール。

f:id:kimama2016:20210603145628j:plain

1745年にスコットランドで生まれたリキュール。

スコッチWhiskyをベースにハーブ、香草、蜂蜜を加えて造られる。

「DRAMBUIE」はゲール語で「満足すべきもの」という意味。

アルコール度数は40%。

f:id:kimama2016:20210603145909j:plain

ベースのスコッチは15年以上熟成したハイランドMaltが中心。

およそ60種類のMaltが使われているというから驚きだ。

f:id:kimama2016:20210722112326j:plain

グラスに注ぐと、薄い褐色。

思いのほか、サラッとしている。

ストレートやロックで飲んだり、カクテルにも使われる。

 

DRAMBUIEを使ったカクテルの記事。 

kimama2016.hatenablog.jp

 

f:id:kimama2016:20210722112342j:plain

ストレートで味をチェック。

スパイシーな薬(香)草の香りが漂う。

テイストはかなり甘い。

さらっとしている割には、じわっと染み入る味わい。

複雑な香味で、一瞬頭が混乱する。

これは…酒なのか?

それとも甘いシロップか?

いやいや薬だろうか?

 

甘みは強いが、個人的には嫌いではない。

ただ、そのまま飲むよりはカクテル向きか。

f:id:kimama2016:20210603145656j:plain

・・・・・

誰かが言ってた。

「ウイルスは自然に発生して、自然に増えて、自然に減っていくものだ」と。

そうかもしれない。

所詮、人間に制御することなど不可能なのだ。

適切に対処しつつ、うまく適合していくしかない。

地球という星の中で、適合したものが生き残る。

目の前の対策も大事だが、長期的な視点も失わないでいたい。

 

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

リキュール ドランブイ 750ml (74150) liqueur カクテル(32-2)
価格:2288円(税込、送料別) (2022/5/16時点)