K's MENU Note

シングルモルトに純米酒、そしてカクテル。

『雨後の月(広島)』新米で仕込むにごり酒。

常連S氏はアラフォー男子。

ロードバイクが趣味のガテン系

そんな彼は20歳の頃、広島県で一人暮らしをしていた。

何でも当時は極度の貧困生活を送っていたらしい。

「ナイススティック7本で一週間暮らす。その辛さが分かる?」

ええっ!?

ハタチの若者がナイススティック1本で1日暮らすって??

そりゃあ過酷だ。

 

さて、今回は広島県の日本酒を。

f:id:kimama2016:20211209094426j:plain

造るのは、広島県呉市にある相良酒造(株)

www.ugonotsuki.com

創業は明治8年

「雨後の月」は徳富蘆花の短編から二代目が命名した。

今回の一本は…

醪(もろみ)の風味を残したにごり酒

精米70%、日本酒度マイナス20。

アルコール度数は高めの18~19度。

f:id:kimama2016:20211209094439j:plain

ミルキーな香り。

濃厚でフレッシュな米ジュースのよう。

微かな発泡感が心地よい。

甘めだが後口は爽やかでくどさは無い。

だがさすがにアルコール感は強い。

食道を通過する感じがいつもの日本酒とは明らかに違う。

 

あえて温で。

米香が立ち上がる。

酸が立ってよりミルキーな味わいに。

カルピスを思わせる乳酸菌の風味。

しかし決してくどくなく、むしろさっぱりする印象。

アルコールは…やっぱり強いな。

f:id:kimama2016:20211209094453j:plain

・・・・・

前出のS氏。

なぜそこまでの貧困に陥ったのか?

恐る恐る聞いてみると…

「大阪に住む彼女との遠距離恋愛で金がかかりすぎた」だって。

知らんがな!

心配して損したわ。

 

にしても、自分の食いぶちを減らしてでも彼女に会いに行くって…。

どんだけ一途なんだろ。

で、その彼女とどうなったのか?

今度、恐る恐る聞いてみよう。

 

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

雨後の月にごり酒 活性 720ml 雨後の月 相原酒造 広島 呉
価格:1155円(税込、送料別) (2022/4/21時点)