K's MENU Note

シングルモルトに純米酒、そしてカクテル。ときどき料理。

『薩摩茶屋』村尾酒造のレギュラー芋焼酎。その味はいかに…。

K’s MENU Note

FILE 65

芋焼酎『薩摩茶屋』

 

最近、本格焼酎の品揃えも増やしつつあります。

 

その中の1本がこれ。

 

村尾酒造「薩摩茶屋」

そう、あのプレミアム焼酎「村尾」を造る村尾酒造のレギュラー焼酎がこちら。

常圧蒸留、麹は黒麹です。

 

f:id:kimama2016:20170718235442j:plain

 

プレミアムの付いた「村尾」はさすがに高くて置けませんが、こちらは通常価格で仕入れられるので、ラインアップに加えてみました。

 

テイスティングして見ます。

 

まずストレートで。

芋の香り、風味をしっかり感じますね。

鼻に抜ける芋の香りと、優しい甘みが広がります。

黒麹としては軽めの酒質で、特有の香りはありますが、飲みやすい印象です。

 

ロック、水割りにしても、風味がしっかり。

 

お湯割りにすると、まろやかさが増していきます。

風味はしっかり残りますが、決して重すぎず、心地よい「芋感」ですね。

 

 

マスターの最近の好みは…。

 

実は最近、黒麹のどっしりとした酒質の芋焼酎が、少々苦手になっています。以前は「黒麹」の芋焼酎ばかり飲んでいたので、その反動でしょうか?

「白麹」の軽めでスッキリした焼酎の方が、美味しく感じます。

 

ワインも同様ですね。以前はフルボディの赤ワイン、特に渋くて重いやつが好みでしたが、最近はライトなもの、あるいは白ワインの方が好きになってます。

 

好み(味覚)は変わっていくものなのでしょうか?(加齢により…)

 

でも、この「薩摩茶屋」は黒麹でも美味しく飲めました。

 

 

そして今後の展開は…。

 

プレミアム焼酎のような高額なものは仕入れません。

適性な価格で美味しい焼酎を揃えて行きます。

 

何より蒸留酒なので、酒質が安定しているのが嬉しいです。

(日本酒は取り扱いに何かと気を使います。特にこの時期は…。)

 

 

薩摩茶屋のお湯割りを飲みながら書いていたら、睡魔に襲われて来ました。

支離滅裂になりそうなので、この記事はこれで終わりです。

 

本日もお読み頂き、ありがとうございます。

 

 

『ゆきの美人』小さな蔵元が造り出す、フレッシュで爽やかな食中酒。

K’s MENU Note

FILE 64

秋田『ゆきの美人  純米大吟醸

 

最近、常連さんの好みもあって、発泡感のある日本酒をよく仕入れます。

このお酒も「微発泡」

舌にピリピリッとくる感じが新鮮です。

 

ゆきの美人」の秋田醸造さん。

以前、「一白水成」の記事でも出てきましたが、秋田の「ネクスト5」の一角です。

 

kimama2016.hatenablog.jp

 

日本酒品評会で1位になったとの記事も(1年前)

www.asahi.com

 

 

秋田醸造さんの特徴は…。

 

小さな蔵(マンションの1Fにあり)で少量生産(150石)。

最新鋭の設備で温度管理。丁寧な手づくり。

全量、酒造好適米を使った純米酒づくり。

爽やかな酸がきいた、食中酒づくり。

 

・・・・・といったところ。

 

 

今回は「純米大吟醸」。スペックと味は…

 

f:id:kimama2016:20170715090824j:plain

 

使用米 山田錦、秋田酒こまち

精米歩合 45%

日本酒度 +2

酸度 1.8

 

香りは控え目です。

舌にピリピリッと来る発泡感が心地よく、爽やかな酸味があります。

後味のキレも良く、+2よりももう少し辛口に感じますね。

 

純米大吟醸を食事に合わせるというのは、なにかもったいない気がしてしまい、酒だけで味わいたい気もするのですが、こちらのお酒は「ぜひ食事と合わせて飲みたい」と感じさせる一本ですね。

 

 

「美人」と名の付くお酒は…。

 

あまり有名ではない「ゆきの美人」ですが、お客様の反応は割と良いです。

「名前、聞いたことあります」みたいな方が多いのですが、何かと勘違いしていらっしゃる可能性が高いです。

「〇〇美人」といえば、岩手の「南部美人が超有名で、こちらと勘違いされている気がします。

 

その他…

山口の「東洋美人」というのも以前、置いてました。

福井「月下美人

石川「加賀美人」(「手取川」の吉田酒造)

大分「ちえびじん」(紅茶梅酒で紹介)

焼酎ですが「さつま島美人」

…調べると他にも色々ありますが、「南部美人」以外はあまり知られていませんね。

 

お客様が知らない日本酒をオーダーするとき、産地やスペックなどを参考にされると思いますが、秋田県  ゆきの美人」その名前だけで十分おいしそうに感じますね。

 

 

本日もお読み頂き、ありがとうございます。

 

『テキーラ』パーティシーンには欠かせないお酒だが…。飲みすぎ注意!

K’s MENU Note

FILE 63

『Tequila』

 

前回の記事で、カクテル「ブルーマルガリータ」を紹介しましたので、今回はそのベースとなるお酒テキーラについて書いてみます。

 

テキーラといって思い浮かぶのは・・・

  • ショットで飲む。
  • 若い人たちが飲む。
  • テンションを上げるために飲む。
  • クラブで飲む。
  • パーティーで飲む。
  • ノリで飲む。
  • 罰ゲームで飲む。

 

・・・・・

そんなイメージがあります。(あまり良くない印象ですね…苦笑)

お酒として味がどうのとか、そういったことはあまり重視されていないようです。

 

 

テキーラはどんなお酒か?

 

よく「サボテンから造られる」と言われますが、原料はリュウゼツラン(龍舌蘭)」(Agaveアガヴェ)でアロエに近い植物です。

 

メキシコで造られる「リュウゼツラン」を原料とした蒸留酒「メスカル」といい、その中で原料の品種や産地、製法などを限定したものを「テキーラと呼びます。

 

名前の由来はメキシコのハリスコ州にあるテキーラという町。その町の特産品だったことから付けられています。

 

テキーラ規制委員会(CRT)」なるものがあって、「テキーラ」と称するためには多くの規制をクリアしなければなりません。

日本テキーラ協会のページに詳しく載っています。

www.tequila.jp.net

 

 

メニューとしてのテキーラ

 

定番の「クエルボのゴールド」「サウザのシルバー」を置いています。

f:id:kimama2016:20170712010624j:plain

冷凍庫に入れておきます。アルコール度が高い(40度)ので凍りません。

ショットで出したり、カクテルベースに使いますが、ショートカクテルの場合は無色透明のシルバーがいいです。(ゴールドを使うと、前回のブルーマルガリータのように色が変わってしまいます)

 

「ショット」の他に、スタンダードなロングカクテルを3種類。

テキーラサンライズテキーラ+オレンジ)

「メキシコーラ」テキーラ+コーラ)

「ストローハット」テキーラ+トマトジュース)

 

ショートカクテルも5種類メニューに載せていますが、実際オーダーが来るのは、ロングカクテルか、ショットがほとんどです。

 

 

好きか?嫌いか?

いろいろ書いてきましたが、自分はテキーラはあまり好みません(失礼)

嫌いな訳ではないです。好き好んで飲まない、ということです。

クセのある香りがイマイチ好きになれない。(スコッチのスモーキー香は大好物なのですが…)

他にも苦手な香りのお酒として、

  • アニス系のお酒(特にペルノーは全く飲めず)
  • 沖縄の泡盛(飲めますが、得意ではない)

・・・テキーラと共通するものがある気がします。

 

 

余談ですが…。

テキーラ」で調べると…

「お酒」「地名」の他、

と出てきました。

…まあ、どうでもいいのですが。

 

本日もお読み頂き、ありがとうございます。