K's MENU Note

シングルモルトに純米酒、そしてカクテル。ときどき料理。

『澤乃井 純米 ひやおろし』穏やかな熟成を感じます。深まる季節、燗で楽しみたいですね。

K’s MENU Note

FILE 214

東京『澤乃井 純米 ひやおろし

 

スマホ撮影、季節の日本酒、第7弾!

って、お~い!

いつまでやるんかい!

このシリーズは、これで終わりにしたいが…。 

f:id:kimama2016:20181014153112j:image


f:id:kimama2016:20181014153126j:image


f:id:kimama2016:20181014153135j:image

造るのは、東京都青梅市「小澤酒造」さん。

使用米は、アケボノ。

精米歩合65%。

日本酒度+1、酸度1.8の純米酒

ひと夏を越した「ひやおろし」です。

 

テイスティングして見ます。

冷やして。

微かに熟成香があります。

口に含むと、やはり熟成のテイストが感じられ、舌触りはとても円やか。

しっとりと落ち着いた味わい。

後味はさっぱりしてます。

 

常温で。

熟成感は少し強く感じるようになる。

一段と円やかで、滑らかな舌触りに。

 

軽く温めて。

香りも口当たりも強さを増してきます。

常温だと円やか過ぎるが、温めた時のちょっとした異質感がいい。

胃壁から体内に染み入る感じが、なんとも言えない。

 

気温がだいぶ下がったからだろうか?

やっぱり「燗」は旨い

そんな季節がやって来た。

この秋冬はどんな日本酒に出会えるのだろうか?

 

・・・・・

 

ところで…。

最近、体調があまり良くない。

老化が一段進んだ気がします…。(汗)

 

疲れもあるのだろうか?

特に目の調子が悪い。

今まで感じたことのない違和感が、なかなか取れない。

そんな訳で、パソコンとスマホの使用をなるべく抑えています。

 

 

最近は…、

無理をすると、しばらくしてから身体に異変が起きる。

いわゆる「3日後に筋肉痛」みたいな話しですよ。

いや、3日後ならまだ良いほう。

下手をすると、蓄積したものが数ヶ月後に顔を出す。

そして、元の状態に戻るのに、えらく時間がかかる…。

 

・・・・・

 

もうすぐ53歳になります。

「人間50年、下天の内をくらぶれば、夢幻の如くなり」

人生、50年だった時代もあった。

それを考えれば、今の平均寿命は80歳超。

「夢幻の如く、はかないもの」であることに変わりはなくても、まだ時間はある。

もっともっと、色々なお酒と出会いたいのです。

 

とにかく「無理」は禁物。

「過信」も禁物。

戦国時代なら死んでいてもおかしくない年齢なのだから…。

 

 

本日もお読み頂き、ありがとうございます。 

『雪の茅舎』雪に埋もれる茅葺(かやぶき)屋根が点在する原風景。雪国、秋田の銘酒です。

K’s MENU Note

FILE 213

秋田『雪の茅舎 山廃純米 ひやおろし

 

スマホ撮影、季節の日本酒、第6弾。

完全にシリーズ化したな。

もしや、カメラ買う気無し??


f:id:kimama2016:20181007011300j:image


f:id:kimama2016:20181007011307j:image


f:id:kimama2016:20181007011318j:image

造るのは、1902年創業、秋田県の「斎弥酒造店」さん。

製品管理のため、精米から出荷まで、すべて蔵内で行います。

また、「自家培養酵母」による仕込みが特徴。

 

今回のお酒は、山廃仕込み純米酒

ひと夏を越した「ひやおろし」。

 

原料米は山田錦、掛米にひとめぼれ。

精米歩合は65%。

日本酒度+1、酸度1.7。

山廃らしく、酸はちょっと高めです。

 

テイスティングして見ます。

冷やして。

フルーツ香や吟香が立ちます。

じわっとジューシーで、濃厚な口当たり。

酒質は重く感じますが、酸のお陰か?後味は軽快です。

 

常温で。

立ち香は薄れます。

舌ざわりがまろやかになって、味が広がります。

やさしい乳酸の風味を感じます。

 

軽く温めます。

このお酒は燗上がりするそうなので、どう変化するか注目です。

酸を強く感じるようになりました。

酒感も強くなって、味の輪郭がはっきりするようです。

 

今の季節なら…。

「常温」くらいがベストかな。

「雪に埋もれる」季節には、燗が良いのでしょうね。

 

・・・・・

 

ここしばらく過去の画像と、スマホ撮影でブログを書いてきましたが…、

やっぱりカメラが欲しいです。

スマホではどうもうまく撮れない。

 

中古なら数千円で買えるので「さっさと買えば」って話しなのですが、

前回購入したものが早々に壊れてしまったので、中古購入に慎重になっています。

かといって新品なんて高くて買えない…。

悩ましいところです。 

f:id:kimama2016:20181007011300j:plain

f:id:kimama2016:20181011093715j:plain

上手いか下手かは別として、画的にこれくらい差がありますからねぇ。

やっぱりかっこいい写真を撮って、ブログを書きたい。

遅かれ早かれ、購入することになるのでしょう。

 

安くて程度の良い中古品、無いかな~。

 

買う決断ができないでいたら…、

ヤフオクのウオッチリストがパンパンに…(苦笑)

そろそろ妥協するときが来ているようです。 

 

本日もお読み頂き、ありがとうございます。 

『トマーティン12年』ネス湖に程近い蒸留所で造られる、スタンダードな逸品。

K’s MENU Note

FILE 212

『TOMATIN 12』

 

昨日は「体育の日」。

スポーツの秋、到来ですね。

 

自分は8月に再々度痛めた膝、股関節の違和感が取れず、ランニングができません。

せっかく気候が良くなってきたのに、残念です。

しかしここで無理して悪化させたら元も子もない。

ここはじっと我慢して、ブログでも書いていよう。

 

そんな中、学生駅伝のシーズンが開幕。

昨日はその初戦の出雲駅伝が行われました。

母校の東洋大学は、王者青山学院を追い詰めるも、届かずの2位。

でもその背中は見えました。

全日本、箱根では、逆転を期待します。

 

・・・・・

 

そんな前振りですが、今回は全く関係のないシングルモルト

トマーティン12年を紹介します。

f:id:kimama2016:20180930083227j:plain

 f:id:kimama2016:20180930083326j:plain

だいぶ前に仕入れた一本。

当然旧ボトルで、現行品はこちら。 

f:id:kimama2016:20180930083616p:plain

スタイリッシュでカッコいい。

最近のボトルはラベルが小さくなる傾向なようです。

エコ、でしょうか?

どんなお酒か?

ウイスキー造りに適した環境に恵まれた「トマーティン蒸留所」。

ネッシーで有名なネス湖に程近い、人口500人の小さい村にあります。

f:id:kimama2016:20180930085734j:plain

f:id:kimama2016:20180930090523j:plain

ネス湖と、アーカート城跡。

観光スポットになっているのかしら?

  

この蒸留所、1800年代に経営が悪化します。

そんな中、1850年日本の宝酒造が出資して、閉鎖の危機を免れました。

その後、宝酒造は撤退しましたが、スコッチとして初めて日本企業の傘下に入ることになったのです。

 

テイスティングして見ます。

甘い果実様な香り。

紅茶を思わせる上品でフルーティーな香りも感じます。

 

ボディはミディアム。

シュガーのような甘みがあるが、軽くてさらっとした甘み。

後味は軽快で、余韻は短く感じます。

 

全体的にまとまった味わいで、飲みやすいモルトですね。

初心者の方にもおすすめできます。

 

・・・・・

 

それにしても、青山学院は強い。

そしてスポーツだけではなく、学力レベルも高い。

さらに女子はかわいいし、女子アナは多いし、なんかオシャレだし…。

 

せめてスポーツでは負けるな~! 

 

 

あぁ、羨ましい…。

 

 

本日もお読み頂き、ありがとうございます。