K's MENU Note

シングルモルトに純米酒、そしてカクテル。

その他のお酒

『デュボネ』フランス生まれのアペリティフ・ワイン。

明日からいよいよ3月。 コロナの終息も見えてきた。 ワクチン接種も始まったし、元の日常を少しは取り戻せるだろうか。 さて、今回はこちらのお酒。 1846年にフランスで生まれた酒精強化ワイン。 詳しいレシピは非公開だが… 白ワインをベースにキナ樹皮など…

『バルデスピノ イザベラ』甘口のクリームシェリー。

前回に続きもう1本、シェリー酒を紹介する。 その前にまずシェリー酒独自の製法「ソレラシステム」について触れておこう。 「ソレラシステム」とは…。 シェリー酒は3~4段に重ねられた樽を利用して熟成する。 下に行くほど古い(熟成の長い)シェリー酒が詰…

『バルデスピノ ティオ ディエゴ』辛口のシェリー酒。

だいぶ冷え込んできた。 いよいよ冬がすぐそこに。 この季節になると不思議と飲みたくなる酒がある。 熱燗? お湯割り? いや「シェリー酒」だ。 なぜ?と問われると返答に窮するが…。 シェリー酒とは? 簡単に言えば、スペインで造られている酒精強化ワイン…

『モレッティ』すっきり飲めるイタリアビールの代表。

オリックスが弱すぎる。 今季2度目の7連敗で、早くも自力優勝が消滅しそうだ。 この危機的状況の中で首脳陣はまったくの無策。 いくら「抗体」のあるオリファンと言えど、さすがにヤバいよ、ヤバいよ~。 気を取り直して、今回はこちらのビールを。 造るのは…

『ハイネケン』世界中で愛飲されるオランダビール。

店を開いて丸12年が経った。 今年はコロナの影響で周年イベントが出来ない。 そればかりか、常連さんですら来られない人もいる。 それぞれに事情があるので致し方ないが、店の根幹にかかわる問題だ。 そんな中でも最近よく来てくれるのが、30代半ばのW氏。 …

『ヒューガルデン ホワイト』爽やかなベルギービール。

正月の風物詩、箱根駅伝が終わった。 一年の計?「金杯」も終わった。 母校の東洋大学は(相澤君の激走はあったが)惨敗で、金杯も大ハズレ。 そして大発会では株価が暴落…。 なんとも前途の多難を予感させるスタートになった。 せめて本業は…。どうなる!?…

『鍛高譚(たんたかたん)』しそ香るお酒。

12月。忘年会シーズン。 1年で最大の書き入れ時、なのだが…。 飲食店の「無断キャンセル」問題が後を絶たない。 悪意の有無はさておき、小さい店にとっては死活問題だ。 ウチの店でも過去に1回だけあった。 忘れもしない、何年か前の「成人の日」。 10数名の…

『ソレラ 1847』深い旨みの甘口シェリー酒。

関東地方も梅雨入りしたようだ。 しばらくは鬱陶しい日々が続くのだろう。 今回は甘口のシェリー酒を紹介する。 「ソレラ 1847」 シェリー酒には… フィノ、アモンティリャード、オロロソ(以上、辛口) ペドロ・ヒメネス(極甘口)などの種類がある。 今回の…

『ティオ・ペペ』辛口シェリー酒の代名詞的な存在。

時々購入する酒がある。 シェリー酒だ。 スペイン産の酒精強化(フォーティファイド)ワイン。 (醸造過程でアルコール(酒精)を添加し、度数を高めたワイン) スペイン国内よりは国外での消費が多く、イギリス、オランダなどに多く輸出されている。 日本で…

『ボランジェ』ジェームズ・ボンドが愛した一本。

Happy New Year ! このブログもお蔭様で3年目に入る。 いろいろなお酒を紹介してきたが… 本年の最初の記事は、いきなり「番外編」だ。 昨年の誕生日に常連さんから頂いたお酒を紹介する。 「BOLLINGER(ボランジェ)」というシャンパン。 フランスのシャンパ…

『紀州のゆず梅酒』ゆず香る、甘酸っぱい果実酒。

シリーズ「お巡りさんに職質された」 小雨の降る、ある日。 例のごとくチャリで店に向かう。 小雨なので傘はささずに手に持って走る。 大きな交差点にお巡りさんの姿。 傘さし運転のチャリに注意している様子。 私は滅多に傘さし運転をしないので大丈夫。 ス…

『ボジョレー ヌーヴォー 2018』ボトルがかわいいね。

今月15日に解禁された「ボジョレーヌーヴォー」。 いつもはスルーしているが、今年は1本だけ入れて見た。 記事にするのも何だが… とにかくボトルデザインがかわいい。 せめて画像だけでも、と思って書いている。 色とりどりのお花が散りばめられたラベル。 …

『ベリー・オールド・セントニック』希少なバーボン。

先日、知り合いのBARに行った。 私がSingle Maltに出会った店である。 kimama2016.hatenablog.jp 最近は足が遠のいていた。 店の事情で品揃えが変わってしまったのだ。 客層に合わせて変化するのは普通で、そこは致し方ない。 が、ちょっと残念…。 久しぶり…

『ベルギービール』自分で飲んだので、今回は番外編。

近所のスーパーが改装するらしく、半額セールをやっていた。 よく見ると酒売場にも半額のものがある。 そこで見つけたのがこちら。 普段はお高くて手が出ないベルギービール。 トラピストビールの「オルヴァル」。 度数9%のエール「デリリウム・トレメンス…

『ノイリープラット』カクテルに欠かせないアイテム。

先日Martiniの記事を書いたので、今回はその材料の「Vermouth(ベルモット)」。 白ワインに「ニガヨモギ」などの香草やスパイスを配合して造られる。 「フレーバードワイン」と呼ばれ、カクテルに使われることが多い。 「Dry Vermouth」は、フランス生まれ…

『バス ペールエール』イギリスのエールビール。

巷ではビール類の出荷量が昨年まで12年連続で前年割れらしい。 家庭で飲む缶ビールなども含めての数字だが… 店をやってると、そんな感じは全くしない。 生ビールはホントよく出る。 減ってる感はまるで無し。 なんか世間とズレてるな。 さて、昨夜もいろいろ…