K's MENU Note

シングルモルトに純米酒、そしてカクテル。ときどき料理。

『ソレラ 1847』深い甘みと芳醇な果実を感じる、甘口タイプのシェリー酒。

K’s MENU Note

SHERRY『SOLERA 1847』

 

関東地方も梅雨入りしたようだ。

しばらくは鬱陶しい日々が続くのだろう。

 

前回の辛口シェリーの流れで、今回は甘口のシェリー酒を紹介する。

「ソレラ 1847」

f:id:kimama2016:20190523091452j:plain

シェリー酒には、フィノ、アモンティリャード、オロロソ(以上、辛口)ペドロ・ヒメネス(極甘口)などの種類がある。

今回の一本は「オロロソ」をベースに造られる「クリーム」と呼ばれる甘口シェリー。

f:id:kimama2016:20190523091505j:plain

f:id:kimama2016:20190523091521j:plain

ネーミングは、1847年に導入されたシェリー独自の熟成システム「ソレラ」に由来する。

グラスに注ぐと、濃いルビー色が美しい。

f:id:kimama2016:20190523091538j:plain

黒糖を思わせる、深く甘い香り。

その後ろに、酸味のある果実香を感じる。

f:id:kimama2016:20190523091557j:plain

口に含むと、芳醇な果実が広がる。

舌触りが滑らかで、深みのあるボディ。

甘さが強めだが、すっきりとしてクリアな甘み。

赤ワインよりはベルモットに近い酒質か?

f:id:kimama2016:20190523091655j:plain

そのまま飲んでも十分においしい。

店では前出の辛口シェリーと 1 : 1 、あるいは 2 : 1 でブレンドして提供している。

深い甘みと爽やかな酸味が渾然一体となって、一段とおいしくなる。

・・・・・

甘口シェリーの熟成に使った樽は、その後ウイスキーの熟成に使われる。

いわゆる「シェリー樽熟成」。

スコッチの「ザ・マッカラン」が代表格。

マッカランでは、自前の樽をシェリーメーカーに貸し出す。

それを回収してウイスキーの熟成に使うとのこと。

そこまでしないと、シェリーの空樽が安定して調達できなくなっているようだ。

 

日本ではあまり馴染みのないシェリー酒だが…。

ウイスキーを通じて触れる機会がある。

それがまた楽し。

 

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

ゴンザレス ビアス ソレラ 1847 18度 750ml シェリー
価格:2244円(税込、送料別) (2019/6/24時点)