K's MENU Note

シングルモルトに純米酒、そしてカクテル。ときどき料理。

『アドニス』ドライシェリーにベルモットの甘みをプラスした、バランスの良い食前酒。

K’s MENU Note FILE 291 『ADONIS』 シェリーつながりでカクテルをもう一品。 「バンブー」のベルモットをドライからスイートに変えたもの。 ドライシェリー 2/3 スイートベルモット 1/3 オレンジビターズ 1dash ステアしてカクテルグラスに注ぐ。 使うシ…

『バンブー』その名も「竹」。日本をイメージして作られたカクテルは、食前酒に最適。

K’s MENU Note FILE 290 『BAMBOO』 前回、前々回と、シェリー酒を紹介した。 その流れで、今回はシェリーを使ったカクテルを。 一番メジャーなのがこちら。 「バンブー」 スタンダードな処方 ドライシェリー 2/3 ドライベルモット 1/3 オレンジビターズ …

『ソレラ 1847』深い甘みと芳醇な果実を感じる、甘口タイプのシェリー酒。

K’s MENU Note FILE 289 SHERRY『SOLERA 1847』 関東地方も梅雨入りしたようだ。 しばらくは鬱陶しい日々が続くのだろう。 前回の辛口シェリーの流れで、今回は甘口のシェリー酒を紹介する。 「ソレラ 1847」 シェリー酒には、フィノ、アモンティリャード…

『ティオ・ペペ』販売額トップを誇る、辛口シェリー酒の代名詞的な存在です。

K’s MENU Note FILE 288 SHERRY『TIO PEPE』 時々仕入れる酒がある。 シェリー酒だ。 スペイン産の酒精強化(フォーティファイド)ワイン。 (醸造過程でアルコール(酒精)を添加し、度数を高めたワイン) スペイン国内よりは国外での消費が多く、イギリ…

『瀧自慢 純米吟醸』忍者の里「伊賀」で造られる、透明感のあるお酒です。

K’s MENU Note FILE 287 三重『瀧自慢 純米吟醸』 常連Mさん語録。 マスター 「喫茶店ルノアールが、紙巻きたばこ禁止になるようですね。」 Mさん 「ルノアールって喫煙所みたいなものなのに。」 マスター 「加熱式たばこは大丈夫みたいです。」 Mさん 「…

『鳳凰美田 純米大吟醸』山田錦を50%まで磨いた、フレッシュでジューシーなお酒です。

K’s MENU Note FILE 286 栃木『鳳凰美田 純米大吟醸 山田錦五割磨き』 まだ5月だというのに強烈な日差し。 昨日は30度を越えたようだ。 今年も暑い夏になるのだろうか? それでも5月。 湿気が少なく、木陰に入ると心地よくも感じられる。 新緑も美しい。 …

『金峰 櫻井』厳選された黄金千貫をしっかり磨いて造る芋焼酎。まろやかな口当たりが秀逸。

K’s MENU Note FILE 285 芋焼酎『金峰 桜井』 ひとりでやって来る女性は数少ない。 アラフォーCさんはその一人。 最近、彼女の恋愛トークに巻き込まれる男性常連'sが増えている。 巻き込まれたら最後、てっぺん(0時)超えは免れない。 昨夜もふたりのお…

『デ マンディス 』酒販店「やまや」が販売するリキュール。ストロベリーを買ってみた。

K’s MENU Note FILE 284 DE MANDIS『Creme de Fraise』 近隣に「ワールドリカーシステム やまや」なる酒販店がある。 宮城県仙台が発祥で、国内に261店舗を構える。 株式会社 やまや イオングループの一員らしい。 2006年にイオンとの共同出資で、輸入会…

『オールド ファッションド』古典的スタイルのカクテルながら、新たな変化も楽しめます。

K’s MENU Note FILE 283 『OLD FASHIONED』 時代が変わりました。 それに便乗して、私もいろいろ変えたい。 最近のテーマは「チェンジ」です。 着るもの、食べるもの、飲むもの、生活空間、働き方…。 凝り固まったルーティーンを解きほぐして、日常生活に…

『東洋美人 純米吟醸 大辛口』米の旨みをしっかり感じる大辛口です。

K’s MENU Note FILE 282 山口『東洋美人 純米吟醸 大辛口』 5月も半ばになりました。 相変わらず弱いオリックスですが、希望はドラ7の中川圭太選手。 PL学園→東洋大学とエリート路線を歩んだ「最後のPL戦士」。 ケガ人&不調者続出で1軍に昇格。 ここまで…

『オールド・パル』「古きよき仲間」と共に味わいたい、歴史のあるカクテルです。

K’s MENU Note FILE 281 『OLD PAL』 先日(と言っても2月だが…。このあたりの感覚は年を重ねるほどズレていく…。) 年一回恒例となっている、高校の友人との飲み会があった。 高1の時に同じクラスだった仲間。 もう40年近く前になる。 メンバーは全部で6…

『鯉川 純米酒』米どころの山形県庄内地方で「地元」にこだわる酒造り。今回は定番純米酒。

K’s MENU Note FILE 280 山形『鯉川 純米酒』 今日は「こどもの日」 飾るのは「鯉のぼり」 飲む酒は「鯉川」 と言うことで??今回は…。 「鯉川 純米酒」 この書体。 なんとも味のある、ステキなラベルですね。 丸々と太った漆黒の鯉が、山形の清流を泳い…

『鍋島』数多くの受賞歴を誇る、注目の酒蔵。今回は「特別純米酒」です。

K’s MENU Note FILE 279 佐賀『鍋島 特別純米酒』 お疲れ様です。KIMAMASTERです。 新しい時代が始まりました。 …と言っても、特に何も変わりません。 今年はGWが10連休のようですが…。 製造業が大連休なのは例年通りだし、 サービス業が休めないのも毎年…

『ジェントルマン・ジャック』2度のチャコール・メローイングを経て造られる、紳士な味わい。

K’s MENU Note FILE 278 『GENTLEMAN JACK』 平成ラストの記事になります。 この時代の「お酒の変遷」を自分なりに振り返ってみると…。 バブルと共に始まった平成。 程なく弾けて、人々の嗜好は割安な焼酎へ向かう。 スナックなどでも、ウイスキーから焼…

『黒龍 純吟』米の旨みと、爽やかな飲み心地が調和した、黒龍酒造の純米吟醸酒。

K’s MENU Note FILE 277 福井『黒龍 純吟』 常連Mさんとの会話シリーズ。 【ケース4】 マスター「最近は暑かったり寒かったりで、調整が難しいですね。」 Mさん「今日はちょっと暑いね。」 マスター「エアコン、つけましょうか?」 Mさん「う~ん。痛風く…

『ボウモア スモールバッチ』2種類のバーボン樽で熟成させた原酒をマチュアード。

K’s MENU Note FILE 276 『BOWMORE SMALL BATCH』 4月も半分が過ぎました。 平成もいよいよフィナーレ…。 30日は多くの方がカウントダウンをやるのでしょうか? 酒屋などでは「令和の乾杯はこのお酒で」的なPOPをよく見かけます。 自分は今のところノープ…

『若駒 五百万石80』若き6代目が挑戦する、米を「磨かない」で醸す酒造り。

K’s MENU Note FILE 275 栃木『若駒 五百万石80 瓶火入れ原酒』 今日は中山競馬場で牡馬クラシック初戦、GⅠ皐月賞が行われます。 一生に一度しか挑戦出来ないクラシックレース。 精鋭3歳の若駒たちの躍動感あふれる姿を楽しみにしています。 馬券は…。 今…

『オールドプルトニー12年』英国本土最北で造られる「北の強者」。ボトルデザインも特徴的。

K’s MENU Note FILE 274 『OLD PULTENEY 12y』 三寒四温とはよく言ったもので、春の温暖な気候から一転。 昨日は冬に逆戻りしたようで、雪までチラつく始末。 今日は天気は回復しましたが、風が強い! チャリ族にとっては、雨も辛いが、風もキツい。 安定…

『グレンマレイ12年』白ワイン樽で後熟する、フレッシュでフルーティーなシングルモルト。

K’s MENU Note FILE 273 『GLEN MORAY 12y』 時の流れに身をまかせていると、あっという間に時間が過ぎていきます。 気が付けば、4月も2週目。 桜の花も散り始めました。 庭には雑草とのバトル開始を告げる「カラスノエンドウ」の群生が…。 軽くランニン…

『ウォッカ』ロシアなどで造られる、無味無臭の蒸留酒。カクテルベースに重宝します。

K’s MENU Note FILE 272 『VODKA』 桜花賞を前に「ウオッカ号、死亡」のニュースが。 news.netkeiba.com 牝馬として、東京優駿(日本ダービー)を64年ぶりに勝った名馬。 GⅠ7勝。引退後はアイルランドで繁殖馬として暮らしていましたが…。 先日、病気によ…

『春鹿 純米酒』「超辛口」日本酒の元祖。世界でも愛飲される、奈良の銘酒です。

K’s MENU Note FILE 271 奈良『春鹿 超辛口 純米酒』 新元号が発表されました。 「令和」だそうです。 その賛否はともかく「安」や「晋」が付いていなくてホッとしました(笑) 新元号自体はそのうち慣れるのでしょうが、公の書類などは、もう西暦でいい…

『扶桑鶴 特別純米酒』酸味、甘みのバランスが良。料理と共に味わいたい、島根県の銘酒です。

K’s MENU Note FILE 270 島根『扶桑鶴 特別純米酒』 気が付けば3月ももう終わり。 まもなく新元号の発表ですね。 最近やけに時が流れが早い気がする。 こうやって年をとって行くのだな。 あと何年、お店をできるか分からないが…、 これからも感謝の気持ち…

『ギムレット』ジンベースのスタンダード・カクテル。私にとって「ギムレット」と言えば…。

K’s MENU Note FILE 269 『GIMLET』 春、新たな始まりの季節。 そんな中、悩める常連Aさんは…。 kimama2016.hatenablog.jp ついに退職を決意したとのこと。 2~3年前から悩んでましたからね。 精神的にも体力的にも参ってました。 いいと思いますよ。 今…

『カウボーイ リトルバレル』珍しいアメリカン・ブレンデッド・ウイスキー。その味わいは…。

K’s MENU Note FILE 268 『COWBOY LITTLE BARREL』 先週のアメリカ・ダウの下落を受けて、今日は東京の株式市場が暴落しています。 世界的な経済の減速懸念。 米中を中心とする貿易摩擦。 イギリスのブレグジット問題。 不安要素が山積する中で、ポジショ…

『ジョージ・ディッケル No.12』アメリカ、テネシー州で造られる、素朴な味わいのウイスキー。

K’s MENU Note FILE 267 『GEORGE DICKEL No.12』 イチロー選手、現役引退を表明しました。 45歳。よくやった。と、思うのですが…。 日本での最後の2試合は必要だったのかなぁ? 昨年「事実上の」引退。 でも、この2試合の為だけに、何かスッキリしない、…

『旦(DAN) 純米吟醸』三百有余年の歴史を持つ酒蔵が立ち上げた新ブランドです。

K’s MENU Note FILE 266 山梨『旦 純米吟醸 愛山』 春のお彼岸ですね。早いものです。 気が付けば「新元号」の発表も間もなく。 いよいよ「平成」も本当にラストです。 そして4月は「統一地方選挙」があり…。 5月には「新天皇の即位」。 7月には「参議院…

『いづみ橋 キラキラ☆とんぼ』有機栽培の玉栄で醸した、1回火入れのフレッシュな純米吟醸酒。

K’s MENU Note FILE 265 神奈川『いづみ橋 キラキラ☆とんぼ』 3月も半ば。 この時期は「花粉」さえ無ければ、とても気持ちの良い季節。 ランニングには絶好の気候なんですけどねぇ。 暑くもなく、寒くもない。 湿気もそこそこ。 とにかく問題は「花粉」だ…

『臥龍梅 純米酒』徳川家康公お手植えと言われる梅の古木から名付けられたブランドです。

K’s MENU Note FILE 264 静岡『臥龍梅(がりゅうばい) 純米酒』 お巡りさんに職質されるシリーズ。第4弾! よくお巡りさんに職質される私。 先日も…。 出勤途中、私の前をチャリで走るお巡りさんの姿。 同じ方向に走っているので、まさか職質されないだ…

『写楽 純米酒』若き四代目が立ち上げた、純米造りにこだわるブランド。会津若松の地酒です。

K’s MENU Note FILE 263 福島『写楽 純米酒』 2011年の震災から、早8年。 この日が来るたびに、あの時のことが頭をよぎる。 そして「自分にできることは?」と考える。 …。 残念ながら、何も無い。 それでも飲み屋として 「東北のお酒を飲んでもらおう」…

『ハイランドパーク12年』スコットランド最北の地域で造られるシングルモルト。

K’s MENU Note FILE 262 『HIGHLAND PARK 12』 気になるニュースが2つ。 www.nikkei.com 飛ぶ鳥を落とす勢いだった「鳥貴族」が値上げをきっかけに客離れ。 上場来初の赤字に転落とのこと。 www.nikkei.com 老舗チェーンの「つぼ八」が、イオン傘下の酒販…