K's MENU Note

シングルモルトに純米酒、そしてカクテル。ときどき料理。

『酔鯨 純米吟醸』高知の地酒「酔鯨」の定番酒。すっきりした中に膨らむ旨みあり。

K’s MENU Note 高知『酔鯨 純米吟醸 吟麗』 今週末からプロ野球が開幕する。 私は東京在住のオリックスファンだ。 長期にわたり低迷してきたが、今年は違う。 去年までとはチームの雰囲気がガラッと変わった。 まだまだコロナが落ち着かないが、楽しみなシー…

『チェリー ブロッサム』桜の花をイメージして作られた、日本生まれのカクテル、だが…。

K’s MENU Note 『Cherry Blossom』 春分の日を過ぎた。 桜が咲き始め、いよいよ春も本番。 今回はそんな季節にピッタリのカクテルを紹介する。 使うお酒はこちら。 【スタンダードな処方】 Cherry Brandy 30ml Brandy 30ml Orenge Curacao 2dash Lemon Juice…

『宝剣 純米酒』「究極の食中酒」ここにあり。爽やかで優しい、心温まる純米酒。

K’s MENU Note 広島『寶劔(宝剣)純米酒 超辛口』 病院で血圧を測ることがある。 そこで看護師さんが言う。 「もう1回、測ります。リラックスしてくださいね~。」 …。 こう言われてリラックスできる人が、果たして何人いるのだろうか? さて、今回はこちら…

『三井の寿 大辛口』裏ラベルの遊び心が憎い、スッキリした味わいの純米吟醸酒。

K’s MENU Note 福岡『三井の寿 純米吟醸 大辛口』 PM8:00。 閉店の時間だ。 お客様が帰り際に言う。 「代行を1台、呼んでください。」 おっと、久しぶりだね、代行を頼まれるの。 今日は平日だし、何と言っても緊急事態宣言下。 すぐ来るだろう…。 …さて、今…

『廣戸川 特別純米』穏やかな香りと滑らかな口当たり。心温まる福島の地酒。

K’s MENU Note 福島『廣戸川 特別純米』 東日本大震災から10年が経過した。 毎年この時期には、東北地方のお酒を紹介している。 今年は福島のお酒を。 造るのは、福島県岩瀬郡天栄村にある松崎酒造(株)。 「廣戸川」は地元を流れる「釈迦堂川」の旧名に由…

『播州一献 純米』屈指の米どころ「播州地方」で醸される、フレッシュで爽快な一本。

K’s MENU Note 兵庫『播州一献 純米 超辛口』 最近、妻がカロリーを気にしている。 どうやらダイエットをするらしい。 にしては、しょっちゅうコストコに行ってるが…。 さて、今回はこちらの日本酒。 造るのは、1837年創業の山陽盃酒造(株)。 旧城下町の兵…

『墨廼江 特別純米酒』フレッシュな味わいが魅力的な「うすにごり」の生酒。

K’s MENU Note 宮城『墨廼江 特別純米酒 ささにごり生』 緊急事態宣言が再度、延長された。 時短営業も継続だ。 会食のリスクが高いのは間違いない。 …と思うのだが…。 さて、今回はこちらの日本酒。 造るのは、宮城県石巻市にある墨廼江酒造(株)。 過去の…

『フラミンゴ・レディ』フルーツ香るジューシーなカクテル。そのビジュアルにも注目。

K’s MENU Note 『Flamingo Lady』 3月3日は「ひな祭り」。 今日は「桃のリキュール」を使ったカクテルを紹介しよう。 一般的にはFuzzy Navelやピーチウーロンが知られているが… せっかくなのでちょっと変わったカクテルで。 使うお酒はこちら。 【スタンダー…

『デュボネ』フランス生まれのアペリティフ・ワイン。芳醇な味わいに酔いしれる。

K’s MENU Note 『DUBONNET』 明日からいよいよ3月。 コロナの終息も見えてきた。 ワクチン接種も始まったし、元の日常を少しは取り戻せるだろうか。 さて、今回はこちらのお酒。 1846年にフランスで生まれた酒精強化ワイン。 詳しいレシピは非公開だが… 白ワ…

『伯楽星 純米吟醸』目指すは「究極の食中酒」。繊細でさわやかな純米吟醸酒。

K’s MENU Note 宮城『伯楽星 純米吟醸』 コロナが拡大してからめっきり来店が減ったO氏。 先日久しぶりにやって来た。 「大丈夫ですか?」との問い。 時計を見ると19時を過ぎている。 「大丈夫、じゃないです。お酒は7時までしか出せないので。」 「えっ?そ…

『スプリング・フィーリング』その名の通り「春」に相応しいスッキリ系カクテル。

K’s MENU Note 『SPRING FEELING』 気がつけば2月もあと1週間。 いよいよ春がやって来る。 寒さが苦手な私にとっては、待ちに待った季節だ。 今回はそんな「春」に相応しいカクテルを紹介しよう。 使うお酒はこちら。 【スタンダードな処方】 Gin 30ml Chart…

『竹鶴 純米酒』ご存じ「マッサン」の生家で醸される、まろやかで旨みの乗った純米酒。

K’s MENU Note 広島『竹鶴 純米酒』 人生で一度は訪れてみたい場所がある。 広島県の竹原だ。 レトロで美しい街並みに心惹かれる。 アニメやうさぎに興味はない。 その竹原市に蔵を構えるのが竹鶴酒造(株)。 ニッカウヰスキーの創業者、「マッサン」こと竹…

『秩父錦 特別純米酒』豊かな自然に育まれる、滑らかな口当たりの純米酒。

K’s MENU Note 埼玉『秩父錦 特別純米酒』 最近、家内が「高カカオチョコレート」にハマっている。 で、お得だとか言って、コストコで巨大なヤツを買って来る。 「多すぎるだろ」と思うが、私もいただく。 以前試した「カカオ95%」は食べられたもんじゃなか…

『キッス・オブ・ファイアー』情熱的なネーミングのカクテル。その味わいは意外にも…。

K’s MENU Note 『Kiss of Fire』 もうすぐバレンタインデーだ。 最近は義理チョコすら貰えない。 ちょっと寂しい。 せめてバレンタインっぽいカクテルを… 自分で作って、自分で飲むか(汗) 使うのはこちら。 【スタンダードな処方】 Vodka 1/3 Sloe Gin 1/3…

『ブロンクス』爽やかな風味が魅力の一杯。禁酒法時代に生まれた古典的カクテル。

K’s MENU Note 『BRONX』 「平野佳寿、4年ぶりにオリックス復帰。」 まさかと耳を疑った。 私の耳は嘘をつくから。 でも本当だった。 これは嬉しい。 近年の傾向として、先発投手は100球前後で交代する。 結果、どうしてもリリーフ陣への負荷が大きくなる。 …

『麓井(ふもとい) 純米吟醸』フレッシュな味わいが楽しめる濁り生酒。その味わいは?

K’s MENU Note 山形『麓井 純米吟醸 おりがらみ生』 この所、あちらこちらで不祥事が起きている。 政界に財界、芸能界にスポーツ界…。 相撲界でもあったな。 みんなコロナでとち狂ったのか? にしても、何ですぐバレるような嘘をつくかね。 どうした?ニッポ…

『ピュア・ケンタッキーXO』長期熟成のプレミアム・バーボン。芳醇な旨みに酔いしれる。

K’s MENU Note 『PURE KENTUCKY』 2月。プロ野球はキャンプの時期だ。 今年も開幕が待ち遠しい。 話題の中心は田中将大投手。 どんな投球を見せてくれるのだろうか。 さて、今回はこちらのバーボン。 造るのは、ケンタッキー州のウィレット蒸留所。 所有販売…

『マミー・テイラー』ウイスキーを気軽に楽しむための1杯。別名は「スコッチ・バック」。

K’s MENU Note 『Mamie Taylor』 19時45分。 店の電話が鳴る。 予約かな? 受話器の向こうから若い男性の声。 「今日は何時までやってますか?」 おっと、営業の確認か。 「20時までです。もう終わりですよ。」 「あ、分かりました。」 緊急事態宣言中だから…

『南 純米吟醸』フルーティな旨みと爽快な酸味が一体となった、飲み飽きしない土佐の酒。

K’s MENU Note 高知『南 純米吟醸』 ウチの店は飲み屋だ。 メシ屋と間違える人は稀にやって来るが、それ以外の店と間違われることは無い。 ところが先日、見知らぬ老人がやって来て…。 さて、今回はこちらの日本酒。 造るのは、高知県安芸郡安田町にある(有…

『ブルーマンデー』憂鬱な月曜日を連想させるくすんだ青色。その味わいは意外にも…。

K’s MENU Note 『Blue Monday』 週初めの月曜日。 会社員にとっては憂鬱な日だ。 しかし私にとっては、シューイチの定休日。 まぁ、今は時短営業中で、毎日お休みみたいなものだが(汗) さて、今回は「ブルー・マンデー」なるカクテルを紹介する。 【スタン…

『出羽桜 純米吟醸』数多くの酒米に受け継がれる血統「雄町」で仕込まれた芳醇な一本。

K’s MENU Note 山形『出羽桜 純米吟醸酒 雄町』 1月後半。 いつもの散歩道では多くの草木が枯れている。 しかし全てが朽ちているのではない。 来るべき春に備えて内部に力を溜めているのだ。 冬の草木からはそんな内なるエネルギーがひしひしと感じられる。 …

『バルブレア12年』落ち着いた香りとドライな味わい。丁寧な造りのハイランドモルト。

K’s MENU Note 『BALBLAIR 12』 何か面白いこと、無いかな~。 テレビもコロナばっかりでつまらないし。 面白かったのは森口遥子の下剋上くらい。 あ、プレバトね。 今回はこちらのWhiskyを。 1790年創業。 ハイランドでは2番目に古い蒸留所。 北海に面した…

『カーディナル』赤ワインとカシスでつくる、果実感たっぷりのデザートカクテル。

K’s MENU Note 『Cardinal』 散歩をしていてこんな鳥を見かけた。 キツツキの仲間で「コゲラ」という。 コンコンコン…とくちばしで木をつついていた。 (その行為をドラミングと言うらしい。) そしてこちら。 「ヤマガラ」という。 シジュウカラの仲間だ。 …

『洌(れつ) 純米』澄み切った真冬の小川のような芯の強さと透明感を持つ一本。

K’s MENU Note 山形『洌(れつ)純米』 近くの川辺を散歩しているといろいろな野鳥が目にとまる。 運がいいとシラサギやカワセミの捕食シーンに出会えたりする。 姿かたちが可愛いのはシジュウカラ。 ただ動きが速くて、衰えた動体視力では捕捉しにくい。 そ…

『オールド・フォレスター』高品質のバーボンウイスキーをつくり続ける蒸留所。その味わいは?

K’s MENU Note 『OLD FORESTER』 株価が高騰している。 新型コロナウィルスが猛威を振るう中で、この高騰は異常に映る。 世界的な金余り、投資案件の減少… 行き場を失ったマネーが株式市場に染み出している。 日本の場合は日銀が買いすぎて、市場を歪めてい…

『コアントロー』カクテルの他、製菓用にも使われる、ホワイトキュラソーの代表銘柄。

K’s MENU Note 『COINTREAU』 1都3県に緊急事態宣言が発せられた。 飲食店の営業は夜8時まで(酒の提供は7時まで)に制限される。 今回の緊急事態宣言… 「飲食店だけ狙い撃ちか!?」というコメントが散見される。 しかし実際に店をやっていて思うに、感染リ…

『明鏡止水 鬼辛』落ち着いた味わいで、安心して飲める辛口純米酒。箱根駅伝についても少々。

K’s MENU Note 長野『明鏡止水 純米 鬼辛』 正月の風物詩のひとつが「箱根駅伝」。 今年も色々なドラマがあったが、母校の東洋大学について触れておく。 今回の東洋は前評判は低かったが、終わってみれば総合3位。 昨年途切れた連続3位以内(11年連続)に1年…

『百十郎 白炎』特許取得の新製法で醸された、フレッシュな一本。その味わいはいかに?

K’s MENU Note 岐阜『百十郎 純米吟醸 白炎(びゃくえん)』 謹賀新年 本年もよろしくお願いいたします。 このブログも5年目に突入する。 酒ブログながら、酒のことは詳しく書かないというスタイル?でやってきた。 面倒なだけだが…(汗) 今年ももちろんそ…

『グレンドロナック12年』2種類のシェリー樽で熟成した、素朴な味わいのハイランドモルト。

K’s MENU Note 『Glen Dronach 12』 2020年、最後の記事になる。 この1年も日本酒を取り上げることが多かったが、〆はやっぱり Single Malt で。 東ハイランドのフォーグという地にあるグレンドロナック蒸留所。 歴史は古く、創業は1826年。 詳しくは専門サ…

『乾坤一 純米吟醸』少量生産で丁寧に仕込まれた純米吟醸酒。穏やかな飲み口の一本。

K’s MENU Note 宮城『乾坤一(けんこんいち)純米吟醸』 今日は「有馬」記念だ。 今年の競馬もいよいよフィナーレ。 私は穴党なので滅多に当たらない。 にしても、今年は惨憺たる成績だった。 さて、最後にひと花咲かせられるか!? 今回はこちらの日本酒を…