K's MENU Note

シングルモルトに純米酒、そしてカクテル。ときどき料理。

『ブロードウェイ・サースト』果実味あふれる、フレッシュでさわやかなカクテル。

K’s MENU Note

『Broadway Thirst』

 

6月になった。

東京都はステップ2に移行し、日常が少し戻りつつある。

と、思った矢先、新規感染者が30人を超え「東京アラート」発動。

レインボーブリッジが赤く染まることに…。

やはり長い闘いは避けられないのだろうか?

 

今回は爽やかなカクテルを紹介する。 

f:id:kimama2016:20200601102414j:plain

ロンドンのザ・サヴォイ・ホテルで生まれたカクテル。

「ブロードウェイ」と言えばニューヨークを連想するが、イギリス生まれだ。

私の所有するカクテルブックには…

「観劇後の興奮や熱をさます」と記されている。

ただし名前の由来には諸説あって、定かではない。 

f:id:kimama2016:20200601102345j:plain

【スタンダードな処方】

  • テキーラ      2/4
  • オレンジ果汁   1/4
  • レモン果汁   1/4
  • 砂糖   1tsp

シェークしてカクテルグラスに注ぐ。

f:id:kimama2016:20200601102504j:plain

テイスティング

フルーツの酸がきいたスッキリ系カクテル。

テキーラの風味が程々に味わえる。

確かに「観劇後のクールダウン」にはちょうどいい。

 

ブロードウェイ…。

エンターテインメント溢れる街。

活気や欲望が渦巻く。

そんなビジュアルが目に浮かぶ、気もするが…。

まぁ、思い込みだろうな。

 

そして個人的にはもう少し味の膨らみが欲しい。

アレンジするならオレンジキュラソーで甘みとコクを加えたいところ。

f:id:kimama2016:20200601102518j:plain

・・・・・

東京都の新規感染者の多くが夜の歓楽街関係者やその客らしい。

飲み屋への風当たりは、ますます強くなりそうだ。

新しい生活様式の中で営業のあり方を模索しているが…

「人間」と「コロナ」と「飲み屋」とが果たしてうまく共存できるのだろうか?

私の酒ブログは「コロナ」と共存しているが(苦笑)

てか、他に書くこと、無いんかい!?