K's MENU Note

シングルモルトに純米酒、そしてカクテル。ときどき料理。

『キッス・イン・ザ・ダーク』意味深なネーミングの大人カクテル。その味わいは…。

K’s MENU Note

『Kiss in the Dark』

 

「水の都」ベネチアが高潮で水没している。

www.asahi.com

たびたび水没する街だが、今回は記録的な高潮が発生してるらしい。

とても心配である。

 

死ぬまでに一度は行ってみたい場所。

中学生の時「リトルロマンス」なる映画を観てから憧れの地になった。

ゴンドラに乗って「ため息の橋」の下でキスをしたカップルは生涯結ばれる。

多感な時期に観たので、その映像は美しい風景とともに鮮明に刻まれた。

そしてダイアン・レインに恋をした。

あぁ、私もゴンドラに乗って…。

と、まぁ、そんな淡い思い出があるわけだが、現実は大変だ。

何とか英知を集めて対策をして欲しい。

 

さて、今日のお酒は 「キス」繋がりでカクテルを一品。

キッス・イン・ザ・ダーク

【スタンダードな処方】

ステアしてカクテルグラスに注ぐ。

 

マティーニチェリーブランデーを加えたカクテルとしても知られている。

もちろん割合は異なるが…。

 

作ってみる。

使うのはこちら。

f:id:kimama2016:20191114002751j:plain

f:id:kimama2016:20191114002825j:plain

深い茶褐色。

 

飲んでみる。

ジン、ベルモットの香草の香りもあるが、主はチェリーブランデーの果実香だ。

口に含むと、ファーストは果実系の酸味を感じる。

その後、熟したチェリーの深い甘み。

ジンのキレとベルモットの複雑な香味が甘さをうまく調整している。

 

飲み口の割りにアルコール度数は高い。

ネーミングも「暗闇の中でキス」と意味深。

女性の方はご注意を。

 

しかし個人的にはかなり好みの味である。

できればロックスタイルで飲みたい一杯だ。

f:id:kimama2016:20191114003648j:plain

「ため息の橋」

M澤社長とG力さんは行かなかったのだろうか。

月に行く前にこっちだろ、と思うが…。

まぁ、余計なお世話だな。