K's MENU Note

シングルモルトに純米酒、そしてカクテル。ときどき料理。

『松の司 生酛純米酒』 昔ながらの生酛造りの純米酒。燗でも楽しみたい一本。

K’s MENU Note

FILE 314

滋賀『松の司 生酛純米酒

 

気が付けば8月も後半だ。

気温も多少下がってきて、いよいよ猛暑ともオサラバか。

涼しくなったらやりたいことがある。

 

まずは草むしり。

真夏はシンドイ。

それに鬱陶しい雑草と言えども、気温上昇を少しは緩和してくれている。

夏の間は目をつぶるが、秋になったら問答無用。

片っ端から引っこ抜く。

 

ランニング。

老体にはリスクが高いので、真夏はお休み。

涼しくなったら再開する。

 

燗酒。

基本的に暖かい酒が好きだ。

とは言え、熱帯夜に飲む酒はさすがに冷がいい。

 

今回は、燗でも楽しみたい日本酒を紹介する。

f:id:kimama2016:20190418090058j:plain

f:id:kimama2016:20190418090127j:plain

造るのは、滋賀県竜王町にある「松瀬酒造」さん。

雑菌を防ぐ乳酸を添加しない、昔ながらの「生酛造り」で仕込んだ一本。

しかも培養酵母無添加。蔵付きの自然酵母のみで造られている。

熟練の技が必要で、手間もかかる造り。

じっくりと味わいたいところ。

f:id:kimama2016:20190418090143j:plain

まず冷で。

立ち香はほとんど無い。

すっきりさらっとした飲み口。

雑味がなく綺麗な味わい。

 

常温で。

まったく違った表情を見せる。

酒のボディ、厚みを感じる。

しっかりとした日本酒だ。

米のテイストが強い。

適度な酸が心地よい。

 

軽く温める。

米の香りが立ち上がり、フルーティーな香りも。

酸味と甘みがじわっと広がる。

なんとも味わい深い。

 

今の時期なら常温で、秋が深まってきたらぬる燗で楽しみたい一本だ。

f:id:kimama2016:20190418090204j:plain

今年の夏も間もなく終わる。

来年の夏はオリンピックだ。

それなりに盛り上がるのだろうが、終わった後が心配である。