K's MENU Note

シングルモルトに純米酒、そしてカクテル。

スピリッツ SPIRITS

『ゴードン ドライジン』重厚な味わいのジン。

オミクロン株の猛威が収まらない。 そんな中、常連のTR氏は… 「俺は絶対に感染しない!」と豪語している。 その理由とは? と、その前にお酒の紹介を。 今回は「ゴードン ドライ・ジン」。 造るのは、ロンドンのタンカレー・ゴードン社。 世界で初めてジント…

『ヘネシーVS』カクテルに適するコニャック。

今年の7月で開店して丸14年になる。 そこそこ長くやってきた。 しかしこれからが大変だ。 コロナ禍で飲み屋はどうすべきか? それを問われることになる。 さて、今回はカクテル記事で度々登場しているこちらのお酒。 著名なコニャックのブランド「ヘネシー」…

『バロン・オタール VSOP』優しい味のブランデー。

緊急事態宣言がまた延長される。 お酒を提供する店には「休業要請」が出ている。 当初の日程(5月11日まで)なら何もしなかったが… さすがに長すぎるので、ちょっとだけテイクアウトを始めた。 気休めだが、何もしないよりいいだろう。 さて、今回はこちらの…

『ブラー グランソラージュ』定番のカルヴァドス。

このところ記事のテーマが「日本酒」に特化している。 サブタイトルを変えた方がいいかもな。 「ときどき料理」と言いつつ、料理の記事なんて一度も書いてないし…。 (追記:変えました。) まぁ、いいかw 今回は久しぶりにちょっと変わったお酒を紹介しよ…

『レモンハート デメララ』人気のラム酒。

新型コロナウイルスが猛威を振るっている。 終息が見えない中、人混みはなるべく避けたい。 そんな折、新宿で飲み会があった。 毎年恒例、高校時代の友人との飲みだ。 コロナは怖いがもちろん参加する。 夕刻から出掛けた。 新宿は心なしか人が少ないように…

『ウォッカ』ロシアなどで造られる無味無臭の蒸留酒。

桜花賞を前に「ウオッカ号、死亡」のニュースが。news.netkeiba.com 牝馬として、日本ダービーを64年ぶりに勝った名馬。 GⅠ7勝。引退後はアイルランドで繁殖馬として暮らしていたが… 先日、病気により、15歳でその生涯を閉じたとのこと。 ウオッカ号の冥福を…

『マイヤーズ・ラム』ダーク・ラムの代名詞。

ドラマ『獣になれない私たち』を見ている。 今週の第4話では…(ネタバレ注) 酒の勢いもあってか、馬鹿になってしがらみを振り払おうとする新垣結衣さん。 行きつけのBARの常連、松田龍平さんと一夜を過ごすつもりで、彼の事務所へ。 ところが、いざとなると…

『シュリヒテ・シュタインヘイガー』風味豊かなジン。

今回はちょっと変わったジンを紹介する。 「ジン」というと、イギリスで造られる「ロンドン Dry Gin」が有名。 キレの良い、ドライでクリアな味が特徴。 今回紹介するのは、西ドイツのシュタインハーゲン村で造られているジン。 アルコール度数38%。 陶器の…

『タンカレーNo.10』繊細な香りと深い味わい。

台風が過ぎてやって来たのはやっぱり猛暑だった(汗) そして今日からお盆休み。 最大9連休か? ウチは休まない。 夏休みはナシ。 珍しくもない。例年通りだ。 休んでも、別にやること無い。 お金があれば旅行にでも行きたいが… そんな気になれない。 お金が…

『オタール ナポレオン』上品な香りに酔いしれる。

今回は店の片隅にひっそりと置いてあるブランデーを。 かなり前に入手したお酒で、メニューには載せていない。 ブランデーをざっくり言うと「ブドウを原料にした蒸留酒」。 産地は主にフランス。 「コニャック」はフランスのコニャック地方で造られるブラン…

『テキーラ』パーティシーンには欠かせないが…。

前回の記事で、カクテル「ブルーマルガリータ」を紹介した。 今回はそのベースとなるお酒「Tequila」について。 その名から思い浮かぶのは… ショットで飲む。 若者たちが飲む。 テンションを上げるために飲む。 クラブで飲む。 Partyで飲む。 ノリで飲む。 …

『キャプテン・モルガン スパイスト』海賊から命名。

ラムの人気ブランド「キャプテン・モルガン」。 「スパイスト」はそのラムに、バニラ等の香辛料で香り付けしたフレーバード・ラム。 甘く豊かな風味が魅力の一本。 残り僅かになったので近所の酒屋で買った来た。 購入したものを見ると… 今まで使っていたの…

『クルボアジェVSOPルージュ』曲線美に酔いしれる。

今、競馬界に「ルージュバック」なる馬がいる。 GⅡ1勝、GⅢ2勝、GⅠはオークスで2着。 今後の活躍が期待される馬だ。 さて、この名前の由来は? ルージュ=口紅? バック=かばん? ファッション系の名前? かと思ったら、そうではなくてカクテルの名前らしい…

『ズブロッカ』桜餅のような甘い香りが特徴。

前回紹介した常連K氏のお連れ様が、よく注文されるお酒。 ポーランド生まれの「ZUBROWKA」だ。 野生のバイソンが食べる「バイソングラス」。 これを漬け込んだフレーバードVodkaで、桜餅を思わせる香りが特徴。 アルコール度数40度のスタンダード品と、52度…