K's MENU Note

シングルモルトに純米酒、そしてカクテル。

シングルモルト(ハイランド)

『グレンカダム』自然な味わいのハイランドモルト。

常連TY氏には持病があって、定期的に通院している。 基本は薬だけらしいが、病院で処方箋を出してもらわないとならない。 よくなるといいね。 さて、今回はこちらのシングルモルト。 蒸留所の創業は1825年。 スコットランド東部の古代都市、ブレヒンに建つ。…

『アンノック』ハイランドで最も小さい蒸留所。

栄養ドリンクにはいろいろな種類がある。 安いヤツはあまり効果が無さそうだが…。 さて、今回はこちらのシングルモルト。 造るのは北ハイランドにあるノックデュー蒸留所。 創業は1892年でハイランド地区で最も小さい蒸留所。 ノックデュー(KNOCKDHU)はゲ…

『グレンタレット』スコットランド最古の蒸留所。

私は東京在住のオリックスファンだ。 ファン歴は前身の阪急時代から数えて45年余り。 暗黒時代も多かったがここ2年はリーグ制覇に昨年は日本一。 今年も独走状態でリーグ3連覇はほぼ確実、なのだが…。 さて、今回はこちらのシングルモルト。 グレンタレット…

『トマーティン12年』正統派ハイランドモルト。

常連TY氏からLINEが来た。 「今横浜のBARに居るが、K(ウチの店)で750円のウイスキーが1680円してる(驚)」 【(最近の)物価 &(ウイスキーの)時価 &(横浜の)地価】ってところか。 さて、今回はこちらのシングルモルト。 蒸留所があるのはスコットラ…

『ウルフバーン』スコットランド最北に蘇る一本。

最近スーパーに行くと何か薄暗い。 一部の照明を点けずに営業しているのだ。 なるほど、節電か。 世知辛いなぁ。 さて、今回はシングルモルト。 ウルフバーン ノースランド 1821年。 スコットランド本島の北の端、ソーサーの街にうまれたウルフバーン蒸留所…

『ブレア アソール』カワウソが印象的なモルト。

1ヶ月ほど前に歯を抜いた。 そして先日、ブリッジを取り付けた。 違和感があるが、徐々に慣れるだろう。 しばらくの辛抱である。 さて、今回はこちらのシングルモルト。 ブレア アソール蒸留所の創業は1798年。 ハイランドの玄関口「ピトロッホリー」という…

『エドラダワー』スコットランド最小の蒸留所。

最近、常連のTY氏が荒れている。 職場の先輩の仕事が遅くて、その尻ぬぐいをさせられているらしい。 ここは美味しいウイスキーでも飲んで、気分転換しておくれ。 と言うわけで、今回は久しぶりにシングルモルト。 エドラダワーと言えば… スコットランドで最…

『バルブレア12年』落ち着いた香りとドライな味わい。

何か面白いこと、無いかな~ テレビもコロナばっかりでつまらん。 面白かったのは森口遥子の下剋上!? あ、プレバトね。 今回はこちらのウイスキーを。 1790年創業。 ハイランドでは2番目に古い蒸留所。 北海に面したドーノック湾岸にある。 映画のロケ地に…

『グレンドロナック』素朴な味わいハイランドモルト。

2020年、最後の記事になる。 この1年も日本酒を取り上げることが多かったが、〆はやっぱりシングルモルトで。 東ハイランドのフォーグという地にあるグレンドロナック蒸留所。 歴史は古く、創業は1826年。 詳しくは専門サイトに譲るとして、大きな変化の一部…

『オールドプルトニー』バランタイン7本柱の一角。

三寒四温とはよく言ったもので、春の温暖な気候から一転。 昨日は冬に逆戻りしたようで、雪までチラつく始末。 今日は天気は回復したが、風が強い! 「チャリ族」にとっては、雨も辛いが、風もキツい。 安定した気候が望ましいのだが…。 こればっかりは自然…

『トマーティン12年』ネス湖の近くで造られるモルト。

昨日は「体育の日」 スポーツの秋、到来だ。 私は8月に痛めた膝の違和感が取れず、ランニングができない。 せっかく気候が良くなってきたのにね。 しかし無理したら元も子もない。 ここはじっと我慢して、ブログでも書いていよう。 そんな中学生駅伝のシーズ…

『アードモア レガシー』イヌワシがトレードマーク。

毎週見ているTVドラマがある。 綾野剛主演の経済ドラマ「ハゲタカ」だ。 つい最近見始めたと思ったら、今夜「最終回」とのこと。 8話目、早すぎやしないか!? で、この8話の間に、ドラマの中では20年が経過してる。 ついて行けん…(汗) ・・・・・ ドラマ…

『ダルモア12年』北ハイランドの重厚なモルト。

このブログもお蔭様で、200番目のお酒を紹介するに至った。 (追記:以前は通しNo.を振っていて、No.200がこの記事だった。) 節目に何を書こうかと思案したが… 通過点と割り切り普通にセレクトする。 ハイランドのダルモア12年。 蒸留所は北ハイランド、ク…

『グレンゴイン10年』純粋に麦芽のフレーバーを追求。

昨夜はまた台風。 時間を追うごとに雨風が強まる。 当然、お客様は来ない。 下界の荒天に反して、お店の中は無風状態だ。 年に数回ある「ノーゲスト」ってヤツ。 略して「ノゲ」 釣りなら「ボウズ」 麻雀なら「ヤキトリ」 野球なら「…タコ」 言い方はいろい…

『オーバン14年』ハイランドと島モノの中間的な風味。

昨夜は店が超ヒマだったので、一杯やりながら(試飲ね)テレビを見ていた。 ちょうど「RIZIN」なる格闘技をやっていて、RENAの再戦があるらしい。 あまり興味はないが… 絶対女王と言われたRENAが、前回の試合で失神KO負けしたのは知っていた。 これは見てみ…

『ロイヤル ロッホナガー12年』王室御用達のスコッチ。

2月も終わった。 今年は例年になく忙しかった。 理由はよく分からない。 寒すぎて、飲まなきゃやってられない人が多かったのか? そんな極寒の季節もいよいよ終わり。 今日から3月、春はもう目の前だ。 そして先日、久々にシングルモルトがたくさん出た。 と…

『グレンモーレンジ10年』繊細なモルトウイスキー。

常連C嬢は「ぎんなん肴に芋ロック」的なシブい女性である。 しかしその夜は「ウイスキーが飲みたい」とのこと。 「あまりクセが無いものを」という注文。 スペイサイドかハイランドのフルーティなものが良いだろう。 そして選んだのがこちら。 GLENMORANGIE…

『ダルウィニー15年』恵まれた自然に育まれるモルト。

この酒ブログ。 当初は「シングルモルト」をメインにするつもりだった。 しかし気が付けば「日本酒」の記事が多数を占めることに…。 シングルモルトはだいぶ影が薄くなってしまった(汗) 紹介するお酒はランダムだが、オーダーがあった時になるべく記事にし…

『クライヌリッシュ14年』絶妙なバランスのモルト。

ウチの店でシングルモルトを覚えたM氏。 日本酒党だが、時にモルトをチビチビ。 好みはコレ。 ハイランド地方とは、ざっくり言うとスコットランドの真ん中より北側の地域。 説明するときはこのくらいの方がイメージが湧きやすい。 そして、山や高原など自然…