K's MENU Note

シングルモルトに純米酒、そしてカクテル。ときどき料理。

『オールドプルトニー12年』英国本土最北で造られる「北の強者」。ボトルデザインも特徴的。

K’s MENU Note

FILE 274

『OLD PULTENEY 12y

 

三寒四温とはよく言ったもので、春の温暖な気候から一転。

昨日は冬に逆戻りしたようで、雪までチラつく始末。

今日は天気は回復しましたが、風が強い!

チャリ族にとっては、雨も辛いが、風もキツい。

安定した気候が望ましいのだが…。

こればっかりは自然の営み。

適応するしかありません。

 

さて、今回は…。

ポットスティルを模したボトルデザインが特徴的な、

「オールドプルトニー12年」です。 

f:id:kimama2016:20190406093618j:plain

f:id:kimama2016:20190406093635j:plain

どんなお酒か?

オールドプルトニー蒸留所は、イギリス本土の最北にある蒸留所。

創業は1826年。

その後、1955年にハイラム・ウォーカー社が買収。

1995年にはインバーハウス社が買収し、シングルモルトの販売を始めます。

 

ブレンド用としても優れた個性を発揮し、いわゆるバランタイン7本柱」の一角です。

 

蒸留所は北部の港町、ケースネス州ウィックの港を見下ろす高台にあります。

ボトル裏側には蒸留所の位置を示す地図と、漁船のイラストが。

f:id:kimama2016:20190406093659j:plain

テイスティングして見ます。

今回は12年熟成もの。

ノンチルフィルタード、ノンカラーリングでボトリング。

 

ハイランドモルトながら、立地条件によりアイランズ」に近いとも言われるが…。

はたして?

 

香りはかなり強いです。

ツンと来るモルト香。微かなピート感。

後ろに青リンゴのような、フレッシュな果実の香りがある。

海と言うよりは、高原の爽やかな風のような印象の香り。

個人的には「正統派ハイランドモルトの印象。

 

口に含む。

熟した果実様やキャラメルを思わせる甘さを強く感じる。

が、重くはない。

ボディはミディアム~ライト。

強く感じる香りと比べると、味わいは穏やか。

余韻も短く、全体的に平坦な印象。

薄っぺらい感じではないが、

強めの香りも、強めの甘みも、どうも表面的なものに感じてしまう。

個人的な感想ですが…。

f:id:kimama2016:20190406093716j:plain

・・・・・

イギリスの北の方…。

きっと寒いのだろうな。

ボトルに描かれた海の景色を眺めながら、イマジネーションを膨らませる。

 

すると、あるフレーズが脳裏に浮かびます。

 

…ごらん あれがプルトニ~ 北のはずれと

見知らぬ人が 指をさす…。

 

 

本日もお読み頂き、ありがとうございます。