K's MENU Note

シングルモルトに純米酒、そしてカクテル。

『越ノ忍 ブレンデッドウイスキー』和風ウイスキー。

昨今のWhisky人気は常軌を逸している。

香港のオークションで「Ichiro's Malt」54本セットが、約1億円で落札された。

 

希少価値という意味で、美術品などに近い扱いなのかも知れない。

日本のWhiskyが海外で高い評価を受けているのも知っている。

しかし、ねぇ。お酒よ。

1本あたり約180万円。

俺には分からん。

 

元々、プレミアムのついたお酒には全く興味がない。

安くても旨い酒はいくらでもある。

飲んでこそ酒だ。

・・・・・

さて、今回はジャパニーズWhiskyを紹介する。

f:id:kimama2016:20190804084912j:plain

クラフトビール造りのエキスパート、宇佐美健氏によるハンドメイドWhisky。

世界各地から様々な原酒を選び抜き、新潟麦酒の工場内でミズナラ樽にて追熟成。

日本に先駆けて発売された海外では、すでに数々の賞を受けているとのこと。

f:id:kimama2016:20190804084932j:plain

Whiskyっぽくない和テイストのラベルが目を引く。

f:id:kimama2016:20190804084954j:plain

アルコール度数43%のブレンデッド。

f:id:kimama2016:20190804085009j:plain

ストレートで味を見る。

とても円やかな口当たり。

滑らかな舌触り。

穏やかな甘みがある。

しかし、平たんでこれと言った特徴が無い。

ブレンデッドらしいと言えばらしいが…。

 

こういうWhiskyは加水した方が良いかもしれない。

微かにスモーキーな香りが顔を覗かせる。

果実様のフルーティなニュアンスも感じる。

円やかさ、滑らかさは変わらずで、これがこのWhiskyの一番の特徴なのだろう。

 

・・・・・

 

Whiskyの価格高騰は今後も続きそうだ。

10月には消費税も上がる。

コストが上昇するが、ここは黙って「忍」でいこう。

 

「忍」

自分の感情を抑えてこらえる、がまんする。しのぶ。