K's MENU Note

シングルモルトに純米酒、そしてカクテル。

『鍛高譚(たんたかたん)』しそ香るお酒。

12月。忘年会シーズン。

1年で最大の書き入れ時、なのだが…。

飲食店の「無断キャンセル」問題が後を絶たない。

悪意の有無はさておき、小さい店にとっては死活問題だ。

 

ウチの店でも過去に1回だけあった。

忘れもしない、何年か前の「成人の日」。

10数名の「新成人」の宴会予約。

その時点でちょっと怪しい匂いがするが…。

前日に確認を取るも、当日、予約時間になっても現れない。

電話をしても繋がらない。

あぁ、やられた。ばっくれだ。

受けなきゃよかったと思ったが、あとの祭り。

それ以来「新成人」の予約は受け付けていない。

 

今回は若い人に人気の焼酎を紹介する。

f:id:kimama2016:20191204095858j:plain

造るのは、合同酒精(株)。

1992年から、赤しそを原料に焼酎造りを始めた。

甲乙混和焼酎。甲類88%、乙類12%。

その乙類焼酎に、北海道産の赤しそが使われている。

しかし、この比率からすると、かなり少ない印象だ。

しかも(デーツ、しそ)と表記してある。

デーツは「ナツメヤシの実」。

「しそ焼酎」と表現するのは、少々気が引ける。

ラベルにあるように「しそ香るお酒」程度がしっくりくる。

f:id:kimama2016:20191204095921j:plain

2018年にリニューアル。しその香りが約20倍アップしたらしい。

 

ストレートで。

しその香りが立つ。

爽やかと言うより甘やかな香りだ。

赤しそ所以だろう。

味わいはスッキリ飲みやすい。

柔らかい赤しそのテイスト。

アルコール度数20度で、安心して飲めるのもいい。

正直、想像してたより美味しかった(失礼) 。

f:id:kimama2016:20191204095937j:plain

かつては女性を中心に若い人に大人気のお酒だった。

しかし最近ではハイボールに押され、オーダーはかなり減っている。

このお酒の復権はあるのだろうか。

 

余談をひとつ。

「書き入れ時」

お金や人をかき集めるから「掻き入れ時」かと思っていたが間違いだった。

帳簿に数字などを書き入れることが多くなるから「書き入れ時」なのだ。

この年になって、目から鱗である。