K's MENU Note

シングルモルトに純米酒、そしてカクテル。ときどき料理。

『梵 ときしらず』熟成酒の底力。時を忘れるほど旨い酒。

 K’s MENU Note

FILE 31

福井『梵 ときしらず  純米吟醸

売り切れそうな日本酒がありますので、忘れないうちに紹介しておきます。

f:id:kimama2016:20170505003309j:plain

どんなお酒か?

精米歩合は麹米50%、掛米55%、火入れの純米吟醸

日本酒度、酸度は非公開となっています。

ラベルに「長期氷温熟成」「特別熟成酒」と書いてある通り、5度の低温で5年間熟成されたお酒です。

 

「時不知」という貴重な「鮭」が、このお酒の名前の由来です。

「飲んでいると時を忘れるくらい美味しい」ことから命名されたそう。

 

残り僅かだが、テイスティングして見ます。

まず「冷」で。

香りはあまり感じられず。

味は酸を強めに感じてすっきり飲めるのですが、旨味や深みが感じられない。

おそらく料理と合わせたときに、その良さをお互いに引き出すタイプと思います。

(残念ながらテイスティングなので、そこまではできませんでした)

 

「常温」まで戻すと、先ほどよりは味に深みが出て、旨みも感じられますがまだ弱い。

これはちょっと温めたほうがいいかも。そこで「ぬる燗」にしてみました。

すると全体にまろやかさが増し、スッキリながらも、しっかりと旨みを感じられ、隠れていた高いポテンシャルがようやく顔を見せた印象です。

これで料理と合わせれば、と思いますが、申し訳ございませんがテイスティングはここまでです。(これ以上飲むと、売り切れになってしまうので…)

 

 

「生酒」に偏り気味の最近の傾向の中で、温度による味の変化を感じられ、日本酒の奥深さを再認識させられた一品でした。 

 

本日もお読み頂き、ありがとうございます。

 

よりまろやかに、やわらかに。滋賀『北島』

 K’s MENU Note

FILE 30

『北島 純米吟醸  無濾過生酒  吟吹雪

 さすがにゴールデンウィーク、2、3日と忙しかったですね。昨夜もいろいろなお酒が出て、何を紹介するか迷いましたが、日本酒を紹介することにします。

f:id:kimama2016:20170504084004j:plain

スペックは、精米歩合55%、日本酒度±0、酸度2.0、アルコール度17度の、純吟無濾過生酒です。「吟吹雪」とは滋賀県でよく使われている、比較的あたらしい酒米です。

f:id:kimama2016:20170504090424j:plain

さて、味の方は…まず酸の印象をやや強めに感じます。その後甘みが広がり、フィニッシュには穏やかな果実香に包まれます。全体的な印象は「とても円やか」口当たりが優しく、舌触りがものすごく滑らか。「無濾過生酒」というと、わりと個性的で荒々しい印象が強いのですが、このお酒は突出した個性が少なく、とてもバランスが良い。それでいて旨みをじわっと感じる、深い味わいのお酒でした。

注文されたお客様は、〇〇歳くらいの女性の方でした。最近、日本酒を飲まれる女性の方が増えています。「焼酎 大和桜」の記事でも書きましたが、女性がお酒を飲んでる姿ってステキですよね。それも日本酒とか本格焼酎ならよりカッコイイ。ましてやシングルモルトなんかを飲まれていたらイチコロです。ぜひお友達になりたいです(笑) 

今後もみなさまに喜ばれるお酒を、ジャンルを限定することなく、取り揃えていきたいと思います。


お酒・ドリンクランキング

ドリンク?デザート?『ディサローノ・アマレット』

 K’s MENU Note

FILE 29

『Amaretto Di Saronno

ゴールデンウィークも中盤戦、今日から連休、という方もいらっしゃるでしょうね。ウチは休みはありません。長期連休の方を除けば、昨夜は「連休前夜」ということで、遅い時間に来店が多かったです。サービス業としては、ここは頑張らないと。ゴールデンウィーク明け~5月の給料日(25日)位までは、例年失速しますので。

さて、そんな昨夜の営業の中から、一品紹介します。あんずの種が原料のイタリア産リキュールディサローノ・アマレットです。

昨夜オーダーが来たのが、このリキュールをミルクで割ったカクテルでした。普通ならアマレットミルク」、うちの店のメニュー表記は「杏仁豆腐」。知らない方にとっては、ドリンクメニューの中にある「杏仁豆腐」の文字はなかなかの違和感で、何が出てくるのかおっかなびっくり注文される方もいらっしゃいます。

味はまさに「杏仁豆腐」そのもの。もちろんドリンクですので、食感は異なりますが…。アマレットの原料は、杏仁豆腐と同じ「あんずの種」。これをミルクで割ることで、「杏仁豆腐」の風味そっくりのカクテルになります。

このカクテルもお客様とやりとりができる一品です。

「杏仁豆腐」って何ですか?

「杏仁豆腐」です(最初は素っ気なく)

「えっ?」

「試しに注文してみて下さい」

「ちょっとこわ~い」

「大丈夫ですよ」

「……じゃあ下さい」

・・・・・

一口飲んで、

「わ~、ホントに杏仁豆腐の味だ~!不思議~!」

「でしょ。このリキュールをミルクで割るんです」

ボトルを見せる。

「ちょっと変わった形ですね」

「イタリアのリキュールです。デザートの杏仁豆腐と同じであんずの種から作られてるんですよ」

「すご~い!」

・・・・・

と、まあこんな感じで会話が進みます。登場するお客様は、20代前半、有村架純似の女子のつもりです。(ホントしょうもない妄想で、ファンの方ゴメンナサイ)

ところで、イタリアのお酒って、ボトルデザインがとってもオシャレで個性的なものが多いですね。ガリアーノフランジェリコリモンチェッロなど(後日紹介します)イタリアらしいと言えばらしいですね。

真ん中がディサローノ、右がガリアーノ、左がフランジェリコです↓↓↓

f:id:kimama2016:20170503134934j:image

最初の妄想記事↓↓↓

kimama2016.hatenablog.jp


お酒・ドリンクランキング