K's MENU Note

シングルモルトに純米酒、そしてカクテル。

『ジョージ・ディッケル No.12』素朴な味のテネシー。

イチロー選手、現役引退を表明した。

45歳。よくやった。と、思うが…。

日本での最後の2試合は必要だったのか?

 

昨年「事実上の」引退。

でも、この2試合の為だけに、何かスッキリしない中途半端な形になっていた。

「日本での開幕戦で、引退の花道」というのは分からなくもないが…。

オープン戦で引退セレモニーを行えば良かった気もする。

球団の意向かな?

 

それでも輝かしい実績には変わりなく、心からお疲れ様と言いたい。

 

さて、今回はこちら。

f:id:kimama2016:20190321090749j:plain

米国、テネシー州で造られるWhisky。

「バーボン」とは区別されてテネシーWhisky」と称される。

1870年、ジョージ・ディッケル氏により設立。

禁酒法により一旦製造中止になったが、1958年に再建。

f:id:kimama2016:20190321090809j:plain

特徴は「チルド・メイプル・メローイング」という濾過方式。

冷やしたサトウカエデの炭に、新しい羊毛で織られた毛布を敷く。

そこに原酒を一滴一滴垂らし、10日間かけて濾過する。

 

ちなみにテネシーの代表銘柄「ジャック・ダニエル」は…

サトウカエデの炭で濾過する「チャコール・メローイング」

kimama2016.hatenablog.jp

 

なお、バーボンはこのような濾過は行わない。

最近のお酒の世界では濾過しない方が主流だろうか。

スコッチなら「ノン・チルフィルタード」。

日本酒でも「無濾過原酒」が増えている気がする。

 

「No.12」は、10年以上の長期熟成

アルコール度数、45%。

f:id:kimama2016:20190321090824j:plain

独特の香りがある。

何だろう?

ジャックでも感じる香りだ。

ここは飲み比べと行くか。

 

「ジャック」の方が、シャープでキレがある。

ドライで、より洗練された都会的な印象。

 

「ジョージ」の方が素朴で、良い意味で田舎的。

柔らかく包み込むような、暖かさを感じる。

色々な味わいがあって、飲んでいて楽しい。

 

都会的でスタイリッシュなBARで飲むなら「ジャック・ロック」が合いそう。

カントリー風のパブなら「ジョージをショットで」がいい。

まぁ、好みの問題だが…。

 

ウチの店は片田舎の居酒屋なので、どちらも微妙だが…(苦笑)

f:id:kimama2016:20190321090843j:plain

・・・・・

「元イチロー」さん(笑)はオリ・ファンにとって、唯一?の希望であり、自慢だった。

本人も仰る通り「指導者」は似合わないが、何かの形でオリと係わってくれたら嬉しい。

 

いずれにせよ、新たな分野での活躍を楽しみにしている。

 

※(2022.1.10.追記)

No.12は最近姿を見なくなった。

終売だろうか?

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

【店内全品3倍ポイントUP!!】ジョージディッケル NO12 45% 750ml
価格:3794円(税込、送料別) (2022/1/10時点)