K's MENU Note

シングルモルトに純米酒、そしてカクテル。ときどき料理。

『カウボーイ リトルバレル』珍しいアメリカン・ブレンデッド・ウイスキー。その味わいは…。

K’s MENU Note

『COWBOY LITTLE BARREL

 

先週のアメリカ・ダウの下落を受けて、今日は東京の株式市場が暴落中。

世界的な経済の減速懸念。

米中を中心とする貿易摩擦

イギリスのブレグジット問題。

不安要素が山積する中で、ポジション調整が始まった様子。

しばらくは苦しい展開が続きそう。

こうなると、本当に消費税増税「延期」が現実味を帯びてきたような…。

 

まぁ、どうなるか分からないが…。

情けないかな、アメリカさんに頑張ってもらうしかない。

アメリカと言えば「カウボーイ」!

f:id:kimama2016:20190321090535j:plain

f:id:kimama2016:20190321090553j:plain

どんなお酒か?

造るのは、ケンタッキー州の「カウボーイ リトル ディスティラリー」社。

スモールバッチでボトリングされるウイスキー

「ストレートバーボン」ではなく「ブレンデッド」だ。

 

「ブレンデッド・スコッチ」は有名だが…。

アメリカン・ブレンデッド」はほとんど見ない。

 

ボトルはカッコいいのだが…。

さて、どんな味なのか?

アルコール度数は、40.6%。

f:id:kimama2016:20190321090612j:plain

f:id:kimama2016:20190321090637j:plain

テイスティング

香りは穏やか。

微かにバーボンっぽい香りもあるが…。

 

口に含むと何かのっぺりとした味だ。

ドライで微かな苦みと、中心にシュガーのような甘みがあるが…。

 

味を構成する要素が、すべて中途半端で…。

やはりのっぺりという表現が合っている。

バーボンの鼻孔に抜ける香味も無い。

 

入門編としては有りかもしれないが…。

そのまま飲むよりは、ハイボールなどで飲んだ方が良いだろう。

何なら「コーク・ハイボール」が一番合いそう(苦笑)

f:id:kimama2016:20190321090707j:plain

このウイスキーを飲んで感じたこと。

アメリカ人には繊細なブレンドは無理なのでは?」

数多くの原酒を微妙にブレンドして、複雑で繊細な味を造り上げる。

そういう感覚はアメリカ人に無いのでは?

 

甘いなら甘い!

辛いなら辛い!

ストレートでド~ン!

お酒もストレートでガ~ン!

みたいな…(笑)

 

だから「アメリカン・ブレンデッド」って、ほとんど見ないのではないか?

らしいと言えば、らしいが。

 

あっ、決して悪い意味ではない。

国民性の違いということで…(汗)

 

 

まぁ、そんなことを感じられただけでも、良しとするか。

 

 

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

カウボーイ リトルバレル 40.6度 750ml
価格:2780円(税込、送料別) (2019/4/2時点)