K's MENU Note

シングルモルトに純米酒、そしてカクテル。

『ジャック・ダニエル』 テネシーウイスキーの代名詞。

ある夜のこと…。

サラリーマン風の男子がやって来た。

時間はまだ宵の口。

最初はビールか?High Ballか?

 

「ジャック・ダニエルを下さい」

「えっ?あ、はい。飲み方は?」

「ストレートで」

あれれ、予想が大外れだ。

結局、他のものは一切飲まず、ジャック・ダニエルをストレートで4杯!

失恋か??

 

というわけで?今回はこちら。

f:id:kimama2016:20171008232532j:plain

米国のWhiskyは一般的に「バーボン」と呼ばれる。

法律での定義は…

「原料の穀物中にトウモロコシを51%以上含み、アルコール度数80度以下で蒸留し、内側を焦がしたホワイトオークの新樽で、アルコール度数62.5度以下で熟成したもの」

 

では、ジャック・ダニエルも「バーボン」か?

 

米国のWhiskyなので「バーボン」という認識で、間違ってはいない。

 

ただ、ラベルを見ると

ジャック・ダニエルは「Tennessee WHISKEY」

他のウィスキーはBOURBON WHISKY」と表記されている。

f:id:kimama2016:20171008232604j:plain

さて?

バーボンとの違い①

米国のWhiskyは、約95%がケンタッキー州で造らる。

対してジャックは、テネシー州で造られている。

それを差別化するための「Tennessee WHISKEY」の表記。

(バーボンの定義に産地の規定はない)

 

だから大きく捉えれば「バーボン」。

その中の「テネシーウイスキー」というひとつのカテゴリーと言える。

 

バーボンとの違い②

製法はバーボンとほとんど同じ。

ただテネシーウイスキーにはチャコール・メローイングという工程がある。

サトウカエデ(メープル=メープルシロップの原料)の木炭でゆっくり濾過する。

ここがバーボンの違いで、円やかな甘みに繋がるのだ。

 

【思い出されるシーンが…】

米国風パブのような店に立ち寄ったおじさん。

ジャック・ダニエルを注文する。

「バーボンを飲むの、久しぶりだなぁ」

そこに居合わせた米国人ぽいお客さんが一言。

「ジャック・ダニエルはバーボンじゃない!」

「えっ?バーボンじゃないの?」

さすがに本場の人に言われたら、引き下がるしかないが、納得いかない様子。

外人さんもそれ以上説明しないものだから、なんかモヤモヤした感じで進んでいく…。

 

おじさんは徳光和夫さん。

路線バスに乗って各所を巡る番組の1シーン。

 

それくらい、このあたりの認識は曖昧で、店でも無理には説明していない。

でも地元(テネシー州)でジャックを「バーボン」と言うと怒られるらしいのだ。

 

「いばら」と言うと、地元の人に怒られるのと同じかな。

 

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

ジャックダニエル ブラック 40度 箱なし 700ml 並行
価格:2090円(税込、送料別) (2022/5/11時点)