K's MENU Note

シングルモルトに純米酒、そしてカクテル。

『プラットヴァレー ストーンジャグ』陶器ボトルが粋。

今年は暖冬だが、やっぱり寒い。

特に昨夜からは極寒である。

 

寒いのは苦手だ。

「服を着ればしのげるじゃん!」

夏が苦手な人によくそう言われる。

冬が苦手な私としては…

「どんなに服を着ても、寒いものは寒い」のだ。

 

そんな耐え難い冬の寒さだが…

温かいお酒が、よりおいしく感じる季節でもある。

 

さて、今日は珍しいWhiskyを。

f:id:kimama2016:20190108094804j:plain

米国ミズーリ州、マコーミック社が造るWhisky。

同州プラット渓谷が、トウモロコシの原産地であることから名付けられた。

原材料にトウモロコシを80%以上使用すると「コーンWhisky」

ちなみに51%以上80%未満だと「バーボンWhisky」。

 

ボトルには「100% STRAIGHT CORN WHISKEY」の表記があるが

トウモロコシのもろみを糖化させる過程で大麦麦芽を12%加えているとのこと。

 

オーク樽で3年間熟成。

アルコール度数は40%。

陶器のボトル(ストーンジャグ)が特徴的。

f:id:kimama2016:20190108094822j:plain

色はかなり薄い。

微かに黄色がかった液体。

 

この香りは何だろう?

バーボンの香りではない。

コーンの香りか?

工業用アルコール的な香りも。

そう言えばコーンを燃料に使うって話しを聞いたような…。

正直、美味しそうではない。

 

ストレートで。

口に含むと独特の香りが鼻孔に残るが、軽い甘み。

やはりコーンのテイストか。

それを直に感じる。

 

最初は独特の香りに驚く。

しかし香りに慣れて来ると、これはこれで悪くない。

最初の印象で敬遠せず、じっくり付き合うと良さそう。

f:id:kimama2016:20190108094902j:plain

常連T氏が挑戦的な飲み方をした。

「今日は寒いからホットWhiskyにしてみよう。」

 

私もやって見た。 

お湯で割っても風味は失われない。

ハーフか 6:4位までならいける。

それ以上だとテイストは弱くなる。

その分口当たりは円やかになるので、飲みやすいかも。

余韻はお湯割りのほうが長く残る。

f:id:kimama2016:20210315212530j:plain

寒い冬の夜。

温かいお酒が飲みたくなる。

熱燗や焼酎お湯割りだけでなく、ホットWhiskyもアリだな。

他の銘柄でも試して見るか。

…と思った昨夜だった。