K's MENU Note

シングルモルトに純米酒、そしてカクテル。ときどき料理。

『シュリヒテ・シュタインヘイガー』ドライ・ジンとは一線を画す、風味豊かなドイツ・ジン。

K’s MENU Note

FILE 195

『Schlichte Steinhager』

 

前回の記事で登場した「ジントニック」のメニュー表。

今回はそれに載っていた珍しいジンを紹介します。 

「シュリヒテ・シュタインヘイガー」

f:id:kimama2016:20180813081920j:plain

 

f:id:kimama2016:20180813082313j:plain

「ジン」というと、イギリスで造られる「ロンドン・ドライジン」が有名。

キレの良い、ドライでクリアな味が特徴です。

 

今回紹介するのは、西ドイツのシュタインハーゲン村で造られているジン。

アルコール度数38%。

陶器のボトルが特徴的です。

f:id:kimama2016:20180813082327j:plain

f:id:kimama2016:20180813082341j:plain

テイスティングして見ます。

ドライジン特有の「切れ」というものは皆無ですね。

どちらかというと甘い。

まったりした香草の、穏やかな風味を感じます。

 

円やかに包み込むような味わいで、ドライジンとは全く別物ですが…、

これはこれでありだと思います。

常温のショットでチビチビやるのもいい。

 

・・・・・

 

ドイツでは…、

ビールを飲む前や食後に、シュリヒテを一杯飲むことが習慣になっているらしい。

胃に活力を与え、消化を助けるとのこと。

ホントか?

酔っぱらう為じゃないの??

そこには「テキーラのショット」と同じ匂いを感じます。

 

名前が覚えづらい。

「シュリヒテ・シュタインヘイガー」

なんとも長くて覚えづらい名前です。

 

ついつい連想してしまうのが…、

リヒテンシュタイン

国の名前。

スイスとオーストリアの間にある、ドイツ語が公用語の国。

日本の小豆島と同じくらいの大きさで、世界で6番目に小さい国。

 

シュヴァインシュタイガー

ドイツのサッカー選手。

バイエルン・ミュンヘンで活躍しました。

2014年、ワールドカップ優勝メンバー。

 

ゲルハルト・ベルガー

オーストリア出身、昔のF1レーサー。

なんかだんだん離れてきたぞ(汗)

マクラーレン・ホンダで、A・セナとチームメイトだったドライバー。

当時、マクラーレンが強すぎたので、ウィリアムズ・ルノーを応援してました。

N・マンセルのチームメイトで、

地味~な、リカルド・パトレーゼというレーサーが好きでした。

知らない?

はい、OKです。

 

獣神サンダーライガー

おい!

 

・・・・・

 

お酒と関係ない話しが多くなって失礼しました。

毎度のことですが…(汗)

 

 

本日もお読み頂き、ありがとうございます。