K's MENU Note

シングルモルトに純米酒、そしてカクテル。ときどき料理。

『オールド・オーヴァーホルト』ライ・ウイスキーの代名詞とも言われる、味わい深い一本です。

K’s MENU Note

FILE 217

『OLD OVERHOLT』

 

前回、ジムビーム・ライを書いたので、

もう一本、ライ・ウイスキーを紹介します。 

「オールド・オーヴァーホルト」

f:id:kimama2016:20180820081555j:plain

 f:id:kimama2016:20180820081631j:plain

 f:id:kimama2016:20180820081656j:plain

どんなお酒か?

ラベルに描かれている男性。

ドイツ系開拓移民3世の、アブラハム・オーヴァーホルト氏

このお酒は、1810年に、同氏がペンシルベニアで興したブランドです。

現在はジム・ビーム社で蒸留されているとのこと。

 

「ライ・ウイスキーの代名詞」とも言われる一本。

ライ麦が51%以上=「ストレート・ライ・ウイスキー

このお酒の原料は、59%ライ麦です。

 

カクテル「マンハッタン」のベースとしてもよく使われますね。

 

テイスティングして見ます。

ライ麦の所以か?

香りは穏やかです。

 

口に含むと…、

ジムビーム・ライよりは、ドライでスパイシーな印象。

軽めではあるが、しっかりとした穀物の旨みと香ばしさを感じる。

いわゆるバーボンのような刺激は少ないです。

 

加水してみる。

ふんわりと立ち上がる香り。

味わいをより一層深く感じる。

鼻孔に残る穀物の香りが、心地よい余韻になります。

濃い目の水割りもいいですね。

 

・・・・・

 

10月も後半になって、秋が深まってきました。

お酒も食べ物もおいしい季節。

 

そして、もうすぐ宴会シーズン

例年だとそれなりに忘年会が入るのですが…。

今年は少ないかも知れません。

「禁煙」にした影響が少なくないのです。

 

東京都の条例では、約1年半後に…、

「従業員を雇っている飲食店は、店内禁煙にしなければならない」

(飲食不可の喫煙ルームを作ることは可能)

そうなれば差はないと思うのですが、

「ちょっとフライングしたかな~」という気がします。

 

とは言っても、もう後戻りはできない。

今年は知り合いに頼んで、なるべく宴会をやってもらおう。

 

来年は…、

出稼ぎに出るか…(苦笑)

 

こんな時は、誰かに「ガンバレ~!」って言って欲しいです。 

マイクロフォンの中から「ガンバレ」って言って欲しい。

聞かせて欲しい、私にも。「ガンバレ」。

 

ブルーハーツですね…。

 

 

本日もお読み頂き、ありがとうございます。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

オールド オーバーホルト 40度 750ml
価格:1780円(税込、送料別) (2018/12/3時点)