K's MENU Note

シングルモルトに純米酒、そしてカクテル。

『ジムビーム・ライ』ライ麦が主原料のウイスキー。

今日は牡馬3冠レースの最後を飾る菊花賞が行われる。

(競馬に興味の無い方はスルーで)

京都競馬場、3000mの長丁場。

最後の1冠を手にするのは、果たして?

 

最近の競馬は、スタミナよりもスピード重視。

3000mの菊花賞は有力馬が回避する傾向で

2000mの天皇賞マイルCSを目指す馬が増えている。

今年もダービー馬は不在だが、近年ではメンバーが揃った印象。

 

本命は「エタリオウ」

まだ1勝だが、GⅡで2着が2回。

走りに力強さを感じる。

 

ここからワイドで人気薄へ。

長距離なので血統を重視。

「母の父」に注目。

 

面白そうなのが、以下の3頭。

「ユーキャンスマイル」

母の父「ダンスインザダーク

96年の菊花賞馬。

母の父としても、アルバートラブリーデイを輩出。

 

「タイムフライヤー」

母の父「ブライアンズタイム

種牡馬として多くの活躍馬を輩出。

母の父としては、

菊花賞馬のスリーロールスや、春天ビートブラック

他に、エスポワールシチーディーマジェスティを輩出。

 

「オウケンムーン」

母の父「エリシオ」

フランス馬で、凱旋門賞を含むGⅠ5勝の名馬。

母の父としては、サダムパテックなど。

 

後は、外人騎手の2頭とゾロ目を押さえるつもり。

 

・・・・・

 

競馬ネタが長くなって失礼。

今日、紹介するお酒は「ジムビーム ライ」。

シリーズの中で、ライ麦を主原料に造られた一本。

6年の熟成期間を経ている。

右が現行品、左が旧ボトル。

f:id:kimama2016:20180820075321j:plain

f:id:kimama2016:20180820075344j:plain

ライ麦だからか?香りはとても穏やか。

口に含むと、なんとも優しい甘みに包まれる。

鼻孔に抜ける、微かな穀物の香りも心地よい。

 

加水しても、味が広がっておいしい。

アフターに僅かに穀物感が残るが、バーボン特有の刺激は少ない。

 

落ち着いた味わいで、飲み方やシーンを選ばないオールラウンドな一本。

初心者の方は…

通常のバーボンより、ライWhiskyから始めて見ると良いかも。

 

kimama2016.hatenablog.jp

  

・・・・・

 

競馬歴は30年を越えるが、最近はお遊び程度。

ちょっとだけ買って、レース観戦を楽しんでいる。

 

そのレース観戦だが…。

動体視力の低下か?

買った馬を見失うこともしばしば…(苦笑)

 

さて、どうなるか?

 

気が向いたら、結果を報告しよう。

 

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

ジム ビーム ライ 40度 箱なし 700ml shibazaki_JBR
価格:1445円(税込、送料別) (2022/1/10時点)